スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼ドラ『緋の十字架』第一週

2005-10-09 (Sun) 16:05[ 編集 ]
 
なおや


今週火~金に撮りためた分を一気に見ました。お、面白―い!!登場人物の生い立ちや立場が自然に説明され、その人となりを作られる素地がしっかりと描かれているので、悪役や脇役にまで強い個性が感じられて不思議と嫌いになれないのですよ(笑)たった一週間でこのクォリティ?というより、最初の一週間だからこそ人を引き付けられる内容でないとだめなのですよね。
んで。放映開始一週間にして、早くも直哉を取り巻く3人の女性の愛憎劇が繰り広げられました。高校時代の初恋の女性で、突然直哉の前から姿を消した「ゆきえ」。偶然にもゆきえの結婚相手の妹で、直哉に思いを寄せて一時は婚約までこぎついた「清香」。そして高校時代に直哉に片思いをしていた気位の高い「悦子」。(以下、ネタバレになりますので先を知りたくない方は読まないで下さい^^;)アンドレ・ジッドの原作『田園交響楽』では既婚の牧師が盲目の少女を引き取る所から始まりますので、(1)直哉は誰と結婚するのか(2)盲目の少女はいつ出てくるのか、その二つが疑問だったのですね。直哉の結婚相手はてっきり普通に清香かと思ったら、直哉への愛が婚約者にバレたときの悦子の素直さが好印象だったので、もしかしたら悦子と結婚するのかも知れないと。そしてゆきえの生まれたばかりの赤ちゃんが「詩織」と呼ばれていたので、もしかしたらこの赤ちゃんが盲目のジェルトリュードなのかも知れないと思い、その辺はちょっと確かめておいてもいいかなと思って公式頁を覗いて見ました。そしたら・・・やっぱり先を知っちゃうと楽しみが半減するという事が判明(笑)またしばらく公式を見るのはやめます(笑)
んで、一緒に見ていたYUKIも「面白い!」とハマっていました。来週からも引き続き録画スタンバってます。
でも一つ気になるのが、脚本が『冬の輪舞』の人なのねん・・・あのドラマ、いしのようこ演じるお母さんが亡くなるまではとても良かったのだけど(『牡丹と薔薇』を超えるかと思ったくらい)、その後がガタガタでダメダメだったのれす。『緋の十字架』はそうならない様にお願いいたしまっすm(_ _)m

※そう言えば昔『真実一路』の放映中に、同じ職場の女性が「昼ドラに出る女優は絶対離婚する。だから高岡早紀もCMの契約が切れたら離婚するはず」と言っていたのですが、本当にその通りになりました(爆)

『緋の十字架』公式サイト

田園交響楽

新潮社

このアイテムの詳細を見る


君が僕を想う夜
藤井フミヤ
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。