スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが子に見せたくない『タレント』『TV番組』

2005-10-31 (Mon) 15:07[ 編集 ]
週刊文春が恒例のアンケートを取ってました。その結果を見て私のような庶民は自分の価値観と照らし合わせて同意したり文句を言ったりするわけですが(笑)パーッと見て感じるのは、日本は概ね健全だなという事。一部「マジ消えろ」と思う番組や芸能人もいるわけですが、殆どは価値観の多様化の中で生まれている番組であり、好きか嫌いかは人それぞれでして。その中で単に「(自分が見たいかどうかやその番組の存在の意義は別として)子供には見せたくないなぁ」と親が思う対象が順位になって表れたのだと思います。では、上位3位までを紹介します。(参考:てれびまにあさま)

【子供に見せたくないテレビ番組】
1位:ロンドンハーツ 2位:クレヨンしんちゃん 3位:キスだけじゃイヤッ!

順当な所でしょう(笑)1位・2位は私は大好きです。でも見せたくない気持ちも分かります。そもそもしんちゃん以外は子供向けの番組ではないですよね。しんちゃんも元々大人の漫画ですし(笑)
ロンハーは「格付けで人に順位を付けている」と言うのが理由らしいですが、女性タレント達のプライドのぶつかり合う様が面白いですよね。確かに子供に見せるように作られた番組ではありませんから1位になるのも仕方ないなと。クレヨンしんちゃんは、我が甥っ子が一時期しんちゃん化してしまったことがあるので2位になるのも納得です(^^;)でも面白いですよね。雰囲気は暖かいし子供達は可愛いし。私だったら子供に見せたくないとは思わないけど、「見てもいいけど喋り方を真似しちゃだめ」と子供に言うのは酷なんだろうな。うーん、難しい。
キスいやは同意。昔月9がつまらなかった頃(和田サンの頃w)に何回か見たのですが、出てくる男女のあまりの自己中っぷりや言葉の汚さに嫌気がさして見るのをやめました。まあ、台本があるのでしょうけどね。

【子供に見せたくない芸能人】
1位:レイザーラモンHG 2位:ロンドンブーツ1号2号 3位:ダウンタウン

これも健全ですね(笑)レイザーラモンはあれでいいと思いますよ。激しい腰振りを見て「下品だから真似しちゃだめ」と子供を諭すのが親の役目かと。でも大人はちゃんと「あれは作られた架空の下品だ」と言うことが分かっているので、ハンズで衣装を買ってきて宴会で腰を振って下品を楽しむのですよね(笑)昔のドリフもそうでしたが、必要悪ならぬ「必要下品」だと思います。確かに子供には見せたくないけれど、子供は指の間から見るでしょうね(^^;)
2位はなぜ?「ロンハーを見せたくないから」しか理由が思いつきません。淳は一生TVで活躍しそう。
3位は納得。うちのYUKI坊はDT好きなのですけど、私はTVで下着泥棒の話をする人はダメ(笑)友達を小突いたり悪戯をしたりの小学生がそのまま大人になったようで、そこが好きと言う人と嫌いと言う人の違いだと思います。

んで、私が激しく同意するのがもうちょい下の方でして。
番組の方の第13位。一回だけ見たことがあるのですが愕然としました。食材をわざと汚い料理に仕上げてタレントが食べて吐く姿を笑いにする。全然笑えないし、食材が可哀相(;;)。食べたくても食べられない子供も沢山いるというのに、日本人はそこまで鈍感になってしまったかと。
そして芸能人は第6位。「(私のいう事を聞かないと)地獄に落ちる」とか「アンタ死ぬわよ」とか。こういう言葉を人に言える人間がゴールデンでひっぱりだこという状況は非常に残念です。あー、過去に何回かあの人の本を買った自分が痛い_| ̄|○
スポンサーサイト

ドラマ雑感(10/24~10/29)

2005-10-31 (Mon) 00:00[ 編集 ]
録画を見るのが周回遅れになりそうで、慌てて日曜日にまとめて見ました(^^;)

危険なアネキ』第2回
伊東美咲をいかに可愛く演出するかがポイントの冒頭と、ちょっと泣かせる後半の流れ。そう言ったこのドラマの雰囲気にちょっと慣れてきました。「楽しんだ者勝ち」のドラマですね(笑)伊東美咲演じるアネキは持ち前の人の良さでどんどん男性を懐柔していき、毎週30万ペースの借金も返せる勢いで@@人間、やっぱりハートが大事なのですよね。ハート政党(知らない人はググって下さい(笑))の私としてはこういうお話の展開は結構好きです。
しかし伊東美咲は本当に可愛いっす_| ̄|○ 森山未來は横顔が少女漫画みたいでとっても色気のあるお顔。平井堅の主題歌も明るくて良いです(^^)

あいのうた』第3回
記憶喪失のフリをしたことをきっかけに、今までの自分を変えようとする洋子(菅野美穂)がとってもGOOD。人間、前に進もうという気持ちはとっても大切ですよね。優二と一緒にカフェに入ったり、子供達のためにお弁当を一生懸命作ったりして徐々に笑顔や人を思いやる気持ちを覚えていく洋子がとても健気で可愛いです。んで洋子が笑顔の練習をする辺りで思わず笑ってしまいました。菅野美穂、鏡の前で変顔の練習したんだろうなと(笑)

緋の十字架』第4週
あれあれあれ?ちょっとマズい展開になってきましたよ?(笑)いや、お話的にはあれで良いのでしょうけど。風馬さん直哉が信仰を捨て自分を捨てて選んだ人生の中の最後の「良心」で育てた盲目で純粋な少女・薫とついに心を通わせてしまい、共にエゴイスティックで背徳的な道を選んでしまいます。逆に息子の浩一が人として分別を覚えて少し大人になったというのにひどい親父ですね(^^;)妻は心から直哉を愛し、家族を愛しているというのにその年になって今更小娘への恋情だけで行動するのだったら、お祖母さんじゃないけどあー今すぐ家を出て行ってくださいってなもんです(笑)神父さんが言っていたように、直哉の優柔不断な優しさが周囲の人々を不幸にするのですよね。これからいかに直哉が道を外して人々を不幸にするか。良いお話ではないので楽しみとは言いがたいのですが(というのが冒頭の「マズい展開」。視聴率的にはマズいでしょう)こうなる事は原作通りで想定内ですので展開を見守ります。しかし、やっぱりゆきえが生きてましたねー。原作には出てこない役なので、薫とゆきえに挟まれて直哉がダメ人間になり果てそうで心配です。良くも悪しくも昼ドラですな~_| ̄|○

あと録画をして見ていないのは『宮廷女官チャングムの誓い』。他は脱落しまくりです。

POP STAR
平井堅, 亀田誠治, 松浦晃久
DefSTAR RECORDS

このアイテムの詳細を見る


プレゼント
玉置浩二, 松井五郎
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


君が僕を想う夜
藤井フミヤ
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


田園交響楽

新潮社

このアイテムの詳細を見る

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。