スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よいお年を。

2005-12-31 (Sat) 20:53[ 編集 ]
紅白を見るとやっと「ああ、大晦日なんだな」って気がします。
年の瀬だというのにいろいろすることもあって、やっと年越しそばを食べるくらいが年末らしい唯一の行事です。
あまり考える時間も無いのでろくなご挨拶も出来ませんが、今年一年、お世話になった方々、ブログを訪れていただいた方
どうもありがとうございました。来年もよろしくお願いします。m(_ _)m
スポンサーサイト

秋葉原駅のホームで

2005-12-30 (Fri) 23:16[ 編集 ]
夜王1

佑磨ハケーン!

夜王2

ドラマ「夜王~YAOH~」TBSにて1/13(金)夜10時スタート。

・・・約一ヶ月ぶりに電車に乗りました(^-^;)


ドラマ雑感(2005年秋期)

2005-12-29 (Thu) 23:59[ 編集 ]
10月期の連ドラが終わりましたね。ちょっと私も時間的にいっぱいいっぱいでしたので(笑)なかなかドラマに集中する事が出来ず、録画して次の放送間際に見るという見方になってしまいました。とりあえず最後まで見たのは『危険なアネキ』『あいのうた』2本のみ。継続中は韓国の歴史物『宮廷女官チャングムの誓い』。簡単ながらレビューを。

『危険なアネキ』
ノリに乗っている伊東美咲と森山未來の姉弟愛を中心に描いた楽しいドラマ・・・のはずが、何もかもか中途半端な印象で、面白かったけど不完全燃焼的な感じでした。涙の部分も笑いの部分も、散りばめられた沢山の小ネタも(^-^;) 申し訳ないけれど安易かな、なんて思ってしまいました。でも森山未來が良かったから許す(爆)最終回で泣きながら抱きつく美咲ちゃんとそれを受け入れてる未來くんを見て「こんな姉弟いないって^-^;」「でもこんな可愛い弟がいたらいいなぁ」なんてね(笑)でも私はやっぱりあの母親は許せないわ。みながわ復興の為に捻出した資金を他に寄付するアネキもね・・・。最後は大ハッピーエンドでGOOD。

『あいのうた』
これには毎回泣かされました(^-^;) 愛を知らずにひねくれて育った女性を演じる菅野美穂の、細やかな演技の移り変わりや表現力に感動しきり。脇役の和久井映見や小日向文世の味のある演技も良かったです。最終回はまだ玉置浩二が元気でしたが、その後の展開は語らずに一応のハッピーエンドで良かったです。視聴者の想像にお任せという事ならもちろん奇跡がおきて家族みんなで末永く幸せに・・・で決まりですね。優しい色合いの映像も素敵でした。

『緋の十字架』
脱落しましたが書いておきましょう。どこが『田園交響楽』やねん_| ̄|○ 当初の心配は「脚本家が『冬の輪舞』の人なので、前半面白くても後半ダメダメになるかも」という事でしたが、それがものの見事に当たってしまった状態です。
原作通り、薫の目が開いたその日に自殺をして終わりの方が良かったんじゃないかなぁ。製作側は薫を「心の中は聖女」として描いているつもりだったと思いますが、到底そうには思えないところが失敗の要因かと。しかし昼ドラは「当たり」がなかなか無いですね_| ̄|○

※備忘録(来月から見る予定の新ドラマ)

CX:昼ドラ「新・風のロンド」小沢真珠 1/5スタート
CX:月09「西遊記」香取慎吾 内村光良 伊藤淳史 深津絵里 1/9スタート
TBS:木09「白夜行」山田孝之 綾瀬はるか 柏原崇 1/12スタート
TBS:金10「夜王~YAOH~」松岡昌宏 北村一輝 香里奈 石垣佑磨 1/13スタート
TBS:日09「輪舞曲(ロンド)」竹野内豊 チェ・ジウ 木村佳乃 速水もこみち 1/15スタート

※早くもDVD発売ですね。


ズバッと当てて、豪華賞品をゲットしよう!! 応募者全員特典付き

商品サンプルやお試しセットなどを無料でもらえる

藤木直人結婚。

2005-12-28 (Wed) 23:35[ 編集 ]
俳優の藤木直人さんが結婚
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051228-00000159-jij-soci

あらら、悲しむ人が多そうですね(^-^;)
私もHyde君や西川君、そしてキムタクが結婚した時はショックだったな(笑)

ダウンロード累計10億本突破記念! 大プレゼントキャンペーン
商品サンプルやお試しセットなどを無料でもらえる

 

キムキム兄やんの探し物

2005-12-27 (Tue) 00:21[ 編集 ]

なんかキムキム兄やんこと木村祐一氏が、長年探している「ごっつい感じのワインオープナー」を探すために「バイマ」というサイトにリクエストをしたとか。バイマとは世界50ヶ国の日本人が会員として登録している『世界中に広がるお買い物代行サイト』なのだそうで。なるほど、世界中の人々に探してもらえるってすごいですね!ヨーロッパのアンティークな雰囲気の小物とか欲しいです。ところでキムキム兄やん、探し物は見つかったのでしょうか・・・?

↓「バイマ」はこちらからどうぞ♪

M-1グランプリ2005

2005-12-26 (Mon) 23:26[ 編集 ]

M-1グランプリ2005、ブラックマヨネーズV (夕刊フジ) - goo ニュース

YUKI坊が毎年とっても楽しみにしているM1。今年は「ブラックマヨネーズ」というコンビが優勝したけど、うーん、知らん(^-^;) 関西では有名みたいですね。YUKI坊の大好きな「笑い飯」は惜しくも2位。来年こそは優勝して欲しいですね。私はというと、どうやら漫談より体を張ったコントの方が好きみたいで、「南海キャンディーズ」や「品川庄司」が面白かったです。逆に苦手なのは、デブネタやブスネタ・・・。外見の自虐ネタって、あまり知らない芸人さんだと笑いずらいんですよね(^-^;)そういう方向で笑いを取るのって難しいんじゃないかな。ちなみに私が今一番好きな芸人さんは「オリエンタルラジオ」。M1は残念ながら準決勝まででしたが、あと9年出られるので(!)品庄のように、売れても頑張って上を目指して欲しいです(^-^)



ダウンロード累計10億本突破記念! 大プレゼントキャンペーン

我が家でクリスマスイヴ。

2005-12-25 (Sun) 01:24[ 編集 ]
えーと、自宅でクリスマスイヴを過ごすのは何年ぶりでしょうか?まぁ贅沢自粛年続行(というよりは、現在は厳禁になっております(笑))なので素直に我が家で過ごしました(^-^) 自分でこういう料理を作るときはつい品数を作り過ぎて残してしまうのですが、今回も例にもれずまた作り過ぎてしまいました。学習能力がないらしいです_| ̄|○



*メニュー*
甘エビとアボカドのカクテルサラダ カレー味のフライドチキン
野菜のサラダ オージービーフのシャリアピンステーキ

結局フライドチキンを残してしまいました(^-^;)
輸入牛肉もシャリアピンステーキなら美味しく食べられますよ。
玉ねぎのすりおろしに漬け込んで焼くと、肉が柔らかくなり玉ねぎの甘みも染み込むのです(^-^)



お酒はシャンパンではなく、家にあったアマレットリキュールでソーダ割り。
カクテル用のロンググラスがないのでフルートグラスで(笑)



ケーキはご近所の美味しいケーキ屋さんで購入。
例の美味しいパン屋さんと同じ通りにあります。何気に素晴らしい通りです(^-^)
(二人用のデコレーションケーキがあるといいな・・・)


おまけ。余った甘エビの頭を素揚げしたものです。
これメチャクチャ美味しいので試してみて下さい(笑)

我が家のクリスマスアイテム

2005-12-24 (Sat) 23:50[ 編集 ]
ツリー


毎年12月頃から出すツリーです。高さ20cmくらいで可愛いサイズなのですが、「これから徐々にグレードアップしていこう」と思っていたはずが未だに同じツリーを使ってます(笑)そのツリーの右はキャンドル。外側もロウで出来ているのですが、実際は上の部分だけがキャンドルになっていてスペアもいくつか付いていました。外観は煉瓦の建物の柄になっていて、古いヨーロッパの雰囲気が出ていてとても素敵で気に入っています(^-^) よく見ていただけると分かるのですが、これでも火をつけているのですよ(笑)火をつける芯が短くなってしまいました。そろそろ新しいスペアと交換しなきゃです。(といいつつまた来年まで放置するような気が(^-^;))

クリスマス菓子「シュトーレン」

2005-12-23 (Fri) 22:38[ 編集 ]
シュトーレン

昨日デニッシュのパイと一緒にドイツの伝統菓子「シュトーレン」を買いました。店頭で説明を聞いて初めてその存在を知ったのですが、ドイツではクリスマスの一ヶ月前からこのお菓子を焼き、毎日少しずつ切って食べながらクリスマスを待つのだそうです。レーズンとナッツを混ぜこんで焼いてシュガーパウダーをまぶしたその外観は、おくるみに包まれた幼子キリストを模しているとか。
早速食べてみたら、濃厚な風味で美味しいー♪水分は少なく固めの甘いパンケーキといった感じで、一ヶ月くらい日持ちするそうなのですがもう全部食べてしまいました(笑)来年はもっと早く買って、熟成される過程の味を楽しんでみようかなと。楽天市場で調べたら、クリスマス時期でなくても買えるお店があるので興味のある方は下記リンクから飛んでみてください(^-^)

シュトーレン

今日食べたお菓子。

2005-12-22 (Thu) 23:39[ 編集 ]
1222デニッシュ

サクサクのデニッシュ生地にカスタードクリームを敷き詰めて
クリームチーズを載せてシュガーソースをトッピング。
美味しすぎて幸せ~。ご近所の美味しいパン屋さんで買いました。

すいません、最近記事を書く時間がなかなか無いです。ネタ不足とも言いますが(笑)
理代子先生の作品のレビューは「オルフェウスの窓」を予定しているのですが
超大作なのでどう切り口を入れたらいいか迷ってます。
とりあえずお菓子の画像で許してください(^-^;)

西川貴教カッコいいじゃんか!

2005-12-21 (Wed) 00:44[ 編集 ]
ignited - イグナイテッド -
T.M.Revolution, Akio Inoue, Daisuke Asakura
ERJ

このアイテムの詳細を見る

久々に腹の立つ記事を読みました。↓これ。

西川貴教のモテ男伝説はなぜ健在なのか (ゲンダイネット)

>しかし、なぜ、 アニメから飛び出したようなコミカルな風貌で、
>身長160センチ未満、 おまけにPUFFYの吉村由美と離婚してバツイチ男、
>西川が現役アイドルをゲットできたのか。

>人は外見ではないことを西川は教えてくれる。

アホかーーー!!!西川君めちゃくちゃカッコいいじゃんかよ!!!!!
こんな悪意のある文章を書く記者、名前と顔を晒せーーーーー!!!!!

ダウンロード累計10億本突破記念! 大プレゼントキャンペーン

ショートムービー『希望の党』

2005-12-20 (Tue) 23:59[ 編集 ]
以前から記事にしてきましたショートムービー『希望の党』が公開されました!(予定より早いのでびっくりしました^-^;)
早速観たのですが、面白かったです(^-^)テーマは「選挙に行こう」なのですが、選挙だけにとどまらず万事に通じる教訓を含んでいます。権利の持つ意味を根本から考え直し、何のためにその権利を有するかをよく考えて、自分が生きる社会の一員として取るべき行動を取らないとなと思わされました。
沢山の方に見ていただきたい有意義な作品ですので是非見てみて下さいね。20分なのですぐ見られますよ♪
※漫画家の楳図かずお先生の役者としての姿も必見ですよ!名演です。

『希望の党』
監督:金子修介 脚本:松枝佳紀
出演:渋谷飛鳥 山本奈津子 木下ほうか 楳図かずお

↓ここから見られます♪
http://www.iiv.ne.jp/choice/m04kaneko.html

シャコバサボテンが咲きそろってます

2005-12-19 (Mon) 23:56[ 編集 ]
シャコバ2

シャコバサボテンが沢山花を咲かせました(^-^)
でも最近暖房を毎日入れてるせいか、
咲く前につぼみがポロポロ落ちてきちゃいました・・・

来年の春に葉を摘んで株を増やそうと思ってます。
今から楽しみです♪

池田理代子さんを読み倒す。(17)『おにいさまへ・・・』

2005-12-18 (Sun) 02:40[ 編集 ]
シェアブログnatsukashiに投稿

NHKでアニメ化された理代子先生の中篇の最高傑作です。女子高を舞台に繰り広げられる美しくも悲しい愛憎劇で、この作品が描かれるまでにも語られてきた『少女同士の愛』『男装の麗人』『正妻の子と妾の子』といったキーワードがより華麗に激しさをもって絡み合い、独特の耽美的な世界を作り上げています。週刊マーガレットで1974年(昭和49年)12号~39号に連載されました。

**あらすじ**
奈々子が入学した女子高・青蘭学園には「ソロリティ」と呼ばれるエリート組織が存在した。毎年1年生から容姿・家柄・教養などで熾烈な争いで選ばれた10名だけが参加できるこの会に、至って平凡な奈々子がメンバーとして選ばれた。裏で取引があってのではないかと疑われ、少女達の世界の残酷さを知る奈々子。そんな奈々子が愛した上級生はハスキーボイスの持ち主・朝霞れい。どこか儚げで妖しい魅力を持つれいは下級生の憧れの的だが、彼女の心は生徒会長でソロリティの女王的存在の一の宮蕗子に囚われていた。そんなれいとは対照的に、れいの親友・折原薫はスポーツが得意で生命力に満ちていた。下級生の憧れをれいと共に一身に受けている薫だが、実は彼女の体には病魔が巣食っていて・・・。

この作品の魅力は何といっても個性的なキャラクターですね。絵柄も理代子ワールド全開で麗しくキラキラと光り輝いています。まずは主人公の「御園生奈々子」。至って平凡な容姿という設定ですが、めちゃくちゃ可愛いです(アニメ版ではちゃんと平凡に見えます(笑))。素直で優しく、自分の信じることにはちゃんと意見も言える実直さが災いして、同級生や上級生にあらぬ疑いをかけられて彼女の心は悲しみで満ちそうになりますが、そんな心の隙間に滑り込んできたのが「サン・ジュスト」(フランス革命時に「死の大天使」と呼ばれた青年)と異名を取る美しい「朝霞れい」。彼女を崇拝する下級生に囲まれていてもどこか寂しげで冷たい瞳に奈々子は魅かれます。そして奈々子の親友になる「信夫マリ子」。クレオパトラの様な華やかな美しさを持つマリ子はソロリティへの加入に強い執念を持ち、同じようにソロリティに入りたがる少女達と激しく火花を散らします。一見ワガママなマリ子の持つ気性の激しさや感情を隠せない正直さもとても魅力的。マリ子が心を寄せる「折原薫」はれいの親友で、背が高くて運動神経が良く面倒見もいいしっかり者。「薫の君」(「源氏物語」に登場する光源氏の子、薫の君)と呼ばれる人気者ですが、体を壊して入院し一年遅れて奈々子と同じクラスになります。薫はソロリティの候補に選ばれたものの、「ソロリティの存在自体に反対だから」と辞退します。そのソロリティの女王「一の宮蕗子」は気高く華やかでやはり女生徒達の憧れの存在。しかし実は蕗子とれいは腹違いの姉妹で、蕗子は妾の子であり彼女の気高さを愛するれいを翻弄し苦しめます。憧れていた学園での理想と現実の違いに苦しみながらも少しずつ大人になっていく奈々子は、その心情を「おにいさま」と慕う辺見武彦への手紙にしたためます。
こんな感じで全編に渡って「秘密の園」的女子高で少女達の愛憎が描かれるわけですが、憎み合う少女達の諍いが時に卑劣であっても、少女同士で「お姉さま」や「愛してる」の言葉が飛び交っても爽やかで清涼な印象なのはやはり理代子さんの技量ですね。ちょっとドキっとするような、蕗子が奈々子に迫るシーンや奈々子にれいがキスをするシーンもあったりするわけですがとても美しいです(何度も言いますが、私は異性愛者です^-^;)。
そして物語の一番の核となるテーマは、れいと薫の君の対照的な生き方に表されています。れいは蕗子との心中に失敗してから死ぬことだけを考え生きる気力が全くありませんが、余命僅かな薫は残された生を精一杯力強く生きています。儚げでせつないれいも魅力的ですが、残された日々を力強く生きる薫の光り輝くような人生は本当に美しいです。アニメ版ではれいは自殺ではなく事故死の設定になってしまい、この素晴らしいテーマが描かれていなかったので私としてはとっても不満(笑)しかしNHKはよくアニメ化しましたね(^-^;) 高校生が煙草を吸いまくりだし少女同士の危ないシーンもヒートアップしてるし、陰惨ないじめ、蕗子やマリ子の狂気じみた愛情、薫のなぜか野外で脱衣などの原作を越えた激しく濃いエピソードが満載。地上波での放送がないのは当然と言えば当然ですね(笑)
とりあえず間違いなく『ベルサイユのばら』『オルフェウスの窓』と並ぶ理代子先生の傑作作品ですので是非読んでみて下さい(^-^)



↓「楽天ブックス」にて送料無料で買えます♪
おにいさまへ…(1)  おにいさまへ…(2)

(携帯用)
おにいさまへ…(1) おにいさまへ…(2)

おにいさまへ

おにいさまへ…DVD-BOX1
おにいさまへ…DVD-BOX2

松枝佳紀さん&渡来敏之さん情報。

2005-12-17 (Sat) 18:00[ 編集 ]
数日前から『神の左手悪魔の右手』や『希望の党』で検索して来てくださる方が多いので嬉しいなと思っていたら、
このニュースのためだったのですね。

女優・山本奈津子さんのインタビュー記事 (夕刊フジ) - goo ニュース

あと『渡来敏之』『松枝佳紀』で検索してきてくれる方も増えて嬉しいです。
『石垣佑磨』も連ドラを控えて急増中。まぁ、佑磨での検索は元々多いですけどね(笑)
という事で、私が個人的に応援している方の情報をまとめておきます。

○松枝佳紀さん(脚本) http://alotf.cocolog-nifty.com/nikki/
劇場用映画『神の左手悪魔の右手』来年公開予定。→公式サイト←
ショートムービー『希望の党』来年1月1日Web配信開始。
↓ここから見られます♪
http://www.iiv.ne.jp/choice/m04kaneko.html
TVドラマ複数の脚本&AP、現在撮影中。

○渡来敏之さん(俳優)http://blog.livedoor.jp/toshiyuki77/
劇場用映画『神の左手悪魔の右手』来年公開予定。→公式サイト←
Webドラマ『僕と彼女の×××(ペケ3つ)』配信中。→Yahoo!←
『ウルトラマンマックス』出演予定。出所は金子修介監督のブログ。詳細求む(笑)

渡来さん出演のドラマ『ホーリーランド』DVD最終巻は12/23発売。
Amazonで予約すると20%offです(^-^)
ホーリーランド vol.6

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る
佑磨・・・(*´Д`*)

図書館って素晴らしい。

2005-12-16 (Fri) 00:13[ 編集 ]
最近クラシックの曲でとっても聴きたいものがありまして。でもクラシックのCDって高いんですよね。なので市立図書館に行ってみたら、CDがズラリ!クラシックばかりじゃなく、ロックやポップスもありました。税金払ってるんだから借りなきゃ損損、という事で。今まで利用しなくて勿体無かったです(^-^;)
お目当ては、オルフ作曲の世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」。誰でも絶対耳にしたことのある壮大なコーラルです。なんと3枚もありました。小沢征爾指揮、ヨッフム指揮、ブロムシュテット指揮。借りられる枚数が決まっているのでどれか一つにしようと視聴させてもらって、一発で決めたのがブロムシュテット。同じ曲でも指揮者によって導入部だけでも全然違うんですよね。私の感覚にぴったりと合ったのがブロムシュテットなのですが、誰か私の性格判断をして下さい(笑)
そしてもう一つのお目当てが、ヴェルディ作曲の「レクイエム」。映画「バトル・ロワイアル」で有名になったあの曲です。これがなかなか見つからなくて、在庫としてあるのかどうか司書のおじさんに検索してもらったらもう大変。「ヴェルディ」も「レクイエム」も単語として知らなかったらしく、「『う』に点々、小さい『ぇ』、『る』、『で』、小さい『ぃ』」と何回も説明した上に人差し指だけでキーボードを彷徨う指・・・ま、仕方ないか(^-^;) この時間だけ除けば図書館は快適です。タダで読める沢山の本に静かな空間。天国ですね(^o^)
そうそう、レクイエムはムーティ指揮のものしかなかったのでそれを借りたのですが、聴いたら「ディエス・イレ」のテンポ速―――!!かっこいいとは思うのですが、もうちょっと腰を据えたテンポの方が私は好きかな(^-^;) ちなみにテノールはルチアーノ・パバロッティ。かなりの名演だとは思います。
それと、今更ですがちゃんとCDで聴いたことの無かった名曲、チャイコフスキー作曲の「ピアノ協奏曲第一番」をアルゲリッチP&アバド指揮で。文句無しの理想的な演奏でした。
そんなこんなでガソリン代だけで楽しめる図書館大好きです(・∀・)返しに行ったらまた借りちゃいそう。

借りたのはこの3作品です(^-^)
カルミナ・ブラーナ ヴェルディ・レクイエム チャイコフスキーのピアコン

クラシックのベストセラーです。


ダウンロード累計10億本突破記念! 大プレゼントキャンペーン

Webドラマ『僕と彼女の×××(ペケ三つ)』配信開始!

2005-12-15 (Thu) 00:02[ 編集 ]
ムービードラマ「僕と彼女の×××」ビジュアルガイドブック

マッグガーデン

このアイテムの詳細を見る

10月11日の日記に書いた『僕と彼女の×××(ペケ三つ)』のヤフーでの動画配信が始まりました!
高校生の男女の体が入れ替わってしまう、ハートフルなドタバタコメディです。
私は試写会で全編観ましたが、原作の漫画を読んでなくても楽しめますよ♪
お菓子とミルクティの用意を忘れずに見て下さい(^_^)b

動画はこちらからどうぞ♪→http://streaming.yahoo.co.jp/content?k=mctc1000000001

★第1話「勇気を出して初めての告白」(約17分)
「今日こそ桃井さんに想いを伝えるんだ……」と決心したあきらの身に、思わぬアクシデントが!!
おとなしく軟弱で地味な男の子・上原あきらは、乱暴で自己中心的な美少女・桃井菜々子に片想い中。菜々子へのラブレターを手に思い悩むあきらは、届け物を口実にしつつ、ようやく彼女の家を訪れることに成功。しかし、そこに現れた菜々子の祖父・萬造の口車に乗せられ、何やら怪しげな椅子に座らされてしまい……。(Yahooより)


原作:森永あい 脚本:サタケミキオ 監督:浜本正機
キャスト:高橋真唯 塩谷瞬 鈴木あきえ 藤沢大悟

第一話の放映は1月6日までですのでお早めにどうぞ(^-^)
『ホーリーランド』の渡来敏之さんが出演してます♪(←ここがポイントw)

『僕と彼女の×××(ペケ3つ)』公式サイト



ダウンロード累計10億本突破記念! 大プレゼントキャンペーン

観たい映画:プルーフ・オブ・マイ・ライフ

2005-12-14 (Wed) 00:30[ 編集 ]
プルーフ・オブ・マイ・ライフ

若さと美貌、天才的な頭脳──誰もが羨む才能に恵まれた女性が、生きる気力を失っていた。彼女の名はキャサリン、1週間前に父親が亡くなったのだ。精神のバランスを崩した父を一人で看病していた彼女は、抜け殻のようになってしまった。天才数学者だった父は、自身も数学を究めようとしているキャサリンにとって師でもあった。人生の羅針盤をなくしたキャサリンの元に父の教え子のハルがやって来る。彼の優しさに、少しずつ心を開くキャサリン。しかし、彼女がある1冊のノートをハルに託した時、すべてが一変する。そこには画期的な数学の証明が記されていたが、キャサリンはそれを証明したのは父ではなく自分だと主張したのだ。果たしてそれはキャサリンの証明なのか、それとも父の証明なのか・・・。(公式頁より)

来年1月14日に公開される映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」。
なんだか涙がとっても出そうなのですが、人生にとって大切なことを改めて思い出させてくれそうな映画かなと思いました。
痛快な娯楽作もいいけれど、たまにはこんな映画で感動するのもいいナ・・・

公式頁はこちら

ジェイコム株、決済実施。

2005-12-13 (Tue) 23:45[ 編集 ]
ジェイコム株決済実施、みずほの損失約400億で確定 (読売新聞) - goo ニュース

要約すると、ジェイコムという会社の株をみずほ証券が間違って大量に売っちゃって、それを買い戻さなければならなくなって大損しちゃったという事ですね。逆に「その売りの株数はおかしい→誤発注だから買い戻すときに上がるぞ」で買った人は儲かったわけです。
具体的に記すと、57万2000円の安値で買った人は91万2000円で買い取ってもらえるので1株あたり34万円の利益。10株買った人は340万円。100株買った人は3400万円。野村證券で3億4000万円、日興コーディアルグループで11億7470万円、UBSグループ2社で約120億円の利益計算になるそうです。まぁ、与謝野金融担当相の言うように「美学」のかけらもありませんが、相場は喰い合いの世界ですからね。違法でなければ儲けた人勝ちなのですよ。素直に羨ましいです(笑)

♪証券会社の資料請求できます♪


(無料で学べます)

   
(株式&商品先物)

 
(為替証拠金取引。外貨に興味ある方へ)

パク・ヨンハがHEY!×3に。

2005-12-12 (Mon) 23:42[ 編集 ]
パク・ヨンハの秘密~笑顔の向こう~(BOOK)
前回パク・ヨンハがHEY!×3に出演した時に神がかり的に面白かったので今回も楽しみにしていました(^o^) イ○痔ってのは・・・ネタなのか?(韓国の人は辛いものばかり食べてるからなってもおかしくないような気が)前回彼のお気に入りとして「新宿中村屋」のスープカリーが紹介されたら、なんとスープカリーの売り上げが10倍になったとか!はいはい、私も食べに行きましたよー♪池袋のお店だったのでメニューになかったけどねん_| ̄|○
しかしパク・ヨンハ、『冬のソナタ』に出演していた時よりも遥かにかっこよくなりましたよね。いっその事日本に移住しませんか?(笑)

新宿中村屋・民族レストラン
中村屋のとっても美味しいカリーはこちらで買えます(^-^)
(残念ながらスープカリーは通販では無いようです^-^;)

パク・ヨンハの秘密~笑顔の向こう~(BOOK)
携帯版:パク・ヨンハの秘密~笑顔の向こう~(BOOK)

池田理代子さんを読み倒す。(16)『ゆれる早春』

2005-12-11 (Sun) 02:32[ 編集 ]
理代子先生の短編の中でも最高傑作に近いのがこの『ゆれる早春』。『クローディーヌ・・・!』と並んで完成度の高い作品です。キャラの魅力・繊細なストーリーが絡み合って美しい世界を築き上げている耽美的な一作で、きっとファンの方にも人気が高いのではないかと思われます。『ベルサイユのばら』の連載中、1973年(昭和48年)5月20日21号に掲載された71頁の作品です(^-^)

**あらすじ**
スポーツが得意で女生徒にも慕われる葛西まこと。彼女の通う高校には男子に絶大な人気を持つ咲岡順子と小林圭子という二人の美少女がいたが、傲慢な性格故に女生徒には激しく嫌われていた。ある日彼氏を取られたと泣く友人に、まことは美少女二人を引き離す作戦を提案する。圭子だけに優しくする女生徒たちの作戦は的中し、次第に圭子と順子の仲はギクシャクしてしまう。一人ぽっちになってしまった順子はまことを慕うようになるが、まことが生徒会長の江崎を好きなことに気付いた順子は「江崎に無理矢理キスをされた」とまことに告げる。冷たくしても慕ってくる順子のいじらしさにまことは心を動かされ彼女と時間を共有するようになるが、その想いが互いに強くならないうちに気持ちを断ち切ることを決意して、思い出の教会で順子と最後の時を過ごす・・・。

理代子先生得意の「男性との恋の前の、早すぎる春の恋」のお話です。要するに少女期のプラトニックな同性愛ですね。同じテーマを扱った作品の中でもその色が濃く出ている作品で、憧れを通り越して本当の恋愛に近くなっています。この作品の一番の魅力はやはりキャラクターですね。まことはオスカルに代表される「男装の麗人」キャラ。そして「早熟きんぎょ」とあだ名される順子は「咲き誇る洋蘭」とまことに言わしめ、その愛らしさ満開で慕って来る様は可愛すぎ。その二人の切ない想いが季節ごとに募っていき、別れの決意とともに口付けを交わすシーンでは女の子同士なのにごく自然に胸を締め付けられます。あと、江崎氏がカッコいいです(笑)『ベルばら』連載中で画力が急激に上がった頃の作品なので、キャラクターの美しさが半端じゃないですね。そしてこの作風は、『べるばら』終了後に連載される大傑作学園ストーリー『おにいさまへ・・・』へと繋がっていきます。正にファン必見の繊細で美しい短篇、超オススメです!



ゆれる早春

※楽天なら送料無料キャンペーン中です。(楽天会員の方はポイントも付きます)
収録単行本:池田理代子短篇集(1) 携帯用:池田理代子短篇集(1)

※Amazonは1500円以上で送料無料。3冊セットで買いがオススメです(^-^)
池田理代子短篇集 (1) 池田理代子短篇集 (2) 池田理代子短篇集 (3)

※現在は入手困難ですが、古本ならAmazonで安価にて入手できることがあります。
検索結果です(^-^)→白いエグモント

『緋の十字架』脱落しますた。

2005-12-10 (Sat) 23:53[ 編集 ]
いつも録画をして週末にまとめて見ていたわけですが、先週辺りから見ながら突っ込みを入れるようになってしまって・・・そういうスタンスでドラマを見るのって嫌なんですよね。何のためにドラマを見ているんだろう、見て楽しんだり感動したりしたいんじゃないの?って。んで、突っ込みを入れながらドラマを見る姿って端から見ていても「痛い」と思うのですよね(笑)YUKIに嫌われたらイヤだ(笑)なので見るなら文句を言うまいと思って録画だけはしていたのですが、時間をかけて見る気ナッスィング_| ̄|○ 公式頁であらすじを見て流れを確認したのですが、すっかり昼ドラの悪い所ばかり集めたようなドラマになってしまいましたね。放映開始時はとても面白くて感想を書くのも楽しかったのですが、薫が大人になってからはみんな性格がおかしくなってしまって。そして薫が家を出て行ってからは単にエピソードを追うだけの中身の無さ。自殺未遂・殺人未遂・強姦未遂・流産・交通事故・・・こういった定番の事件を何回も繰り返したあげく、直哉の子供を産んだ薫と直哉の息子の浩一が結婚して、かつての薫の婚約者と通じた直哉の妻・悦子も含めて大河内家で仲良く暮らしてるってどういう事よ_| ̄|○ なんか要潤が殺された後に大団円で終わる「新・愛の嵐」を思い出してしまいました。
という事で脱落しました。原作と主題歌は良いのにな。次クールの小沢真珠主演「新・風のロンド」に期待します・・・と思ったら、脚本が『真実一路』『愛のソレア』の人なのねん。『危険な関係』を越える昼ドラにはならない予感_| ̄|○

田園交響楽

新潮社

このアイテムの詳細を見る


君が僕を想う夜
藤井フミヤ
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

池田理代子さんを読み倒す。(15)『白いエグモント』

2005-12-09 (Fri) 23:36[ 編集 ]
『ベルサイユのばら』の連載中に発表された52頁の短篇です。壮大な歴史物の合間に描かれた等身大のありふれた女の子の学園ラブストーリーは、全ての作風を一旦リセットして基本に返った作品に見えます。1973年(昭和48年)1月10日臨時増刊号に掲載されました。

**あらすじ**
みち子はドジでのろまな高校生。同じクラスの志村くんに憧れるが、クラス委員で美しい林田女史も彼のことが好き。人の足を引っ張るまいと努力しても失敗を繰り返して落ち込みっぱなしのみち子だが、そんなみち子を志村は秘かに心の支えにしていて・・・。

こう言っては何なのですが、良くも悪くもそつのない秀作といった雰囲気です。みち子のドジさ加減は楽しいのですが、『桜京』や『ベルサイユのばら』で圧倒的なキャラの魅力という理代子さんの持ち味をまざまざと見せ付けられているので、ちょっと『エグモント』の登場人物では物足りない気がしてしまいます。ストーリー的にも小さなエピソードを重ねながらみち子の想いが届くまでが描かれるのですが、優しい雰囲気以外に取り上げるべき要素も特になく・・・私が贅沢を言っているようにも思うのですが、次回作として描かれる短篇『ゆれる早春』では同じ学園ストーリーなのにキャラもエピソードも理代子先生の本領発揮と言った意欲作になっていて、それだけに『エグモント』に対してはなんだか惜しい気もしてしまうのです。ちなみに「エグモント」はベートーヴェンの『エグモント序曲』のことで、志村くんがその曲が好きと言う設定でした(^-^) 何かのインタビューで読んだ記憶があるのですが、理代子先生はベートーヴェンがお好きだそうです。

白いエグモント

※現在は入手困難ですが、古本ならAmazonで安価にて入手できることがあります。
検索結果です(^-^)→白いエグモント

「エグモント序曲」が収録されているオススメCDです(^-^)
ベートーヴェン:序曲集「レオノーレ」第1~3番

”VIP STAR” って何?

2005-12-08 (Thu) 23:08[ 編集 ]
Web of the Year 2005授賞式」の記事中で、2ちゃんねるの管理人ひろゆき氏が「今“VIP STAR”が面白い」と言ったそうで「何だそりゃ?」と思って検索してみたら面白いものが出てきました。著作権的にはかなりアウトだと思うのですが(笑)平井堅の「POP STAR」のパロディだそうで、替え歌の歌詞入りPVを見ると本人が歌っているとしか思えないほど歌声がそっくり!2ちゃんねるユーザーでないと面白さは今ひとつかも知れませんが(と言っても私もヘビーユーザーではないのですが^-^;)興味ある方は聴いてみてくださいませです⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

記事概要「探偵ファイル」  →「VIP STAR」PVはここ。←

Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection `95-`05 歌バカ (通常盤)
平井堅
DefSTAR RECORDS

このアイテムの詳細を見る

池田理代子さんを読み倒す。(14)『ベルサイユのばら』

2005-12-07 (Wed) 23:33[ 編集 ]
シェアブログnatsukashiに投稿
特別編集版「ベルサイユのばら」DVDコミックス

集英社

このアイテムの詳細を見る

理代子先生の大傑作であり少女漫画の金字塔に立つ『ベルサイユのばら』。経済的効果・文化的功労の面から見てもその影響力は絶大です。週刊マーガレットに1972年(昭和47年)21号~73年52号に連載されましたが、連載中に画力が急激に飛躍し、理代子先生の持つ華麗で迫力のあるスタイルが完成しました。男装の麗人オスカルと麗しいロココの女王マリー・アントワネットの魅力は、連載が終了して30年以上経てもなお世界中の読者を引き付けて止みません。まともに語ると本が書けるほど長くなってしまいますので(笑)、簡単にではありますが書いてみます(^-^)

**あらすじ**
18世紀末。絶対王制の専制政治が行われていたフランスに、フランス・オーストリア同盟の架け橋としてオーストリアの皇女マリー・アントワネットが未来のフランス国王ルイ16世の元に嫁ぐ。若くして王妃となったアントワネットは国民の貧困には目も向けずに贅沢に明け暮れ、スウェーデンの青年フェルゼンと恋に落ちる。一方、代々王家に仕えるジャルジェ将軍家で軍人として育てられた末娘のオスカルは近衛連隊長として王室を護っていたが、平民の娘ロザリーや新聞記者ベルナールと交流するうちに王室に不満を持つ国民の現実を知る。近衛連隊長の地位を自ら退きフランス衛兵隊隊長に就任したオスカルは、一人の国民として、そして幼馴染のアンドレとの恋で女として目覚めていき、貴族としての身分を捨てて衛兵を率いて「自由・平等・博愛」の思想の元に革命の火蓋を切る。国王一家は捕らえられて王制廃止を余儀なくされ、国王と王妃は断頭台で処刑される。

大雑把すぎです(^-^;) もちろんこのおおまかな流れの中に様々なエピソードが盛り込まれ、フランス革命を背景に運命に翻弄された女性・マリーアントワネットと運命を自分から選び取った女性・オスカル、そしてフェルゼンやアンドレと言った様々な立場の男性の生き様を描いて行きます。特に革命前夜の三部会招集辺りからアントワネット処刑までの緊張感の持続は、この作品が少女漫画の域を超えて劇画としての確固たる地位を築くには充分です。あらすじをもう少し分かりやすく箇条書きにしてみましょう。

1. マリー・アントワネット政略結婚:皇太子妃と国王の愛人デュ・バリー夫人の対決
2. 首飾り事件:王妃の散財と不倫の恋・政治に対する国民の不満
3. 黒い騎士事件:近衛連隊長オスカルの思想の変化
4. オスカルの思想と愛への目覚め:混乱する政治・革命勃発
5. 王妃処刑:王制廃止後の国王一家の末路

構成としては大体こんな感じですね。連載が少女向け雑誌とあって、歴史背景を分かりやすく描くことや魅力的な架空のキャラやエピソードを絡める事は難しかったと思われますし、史実通りに描けない部分もあったかと思われますが、漫画として実に完成度が高く面白い作品として仕上がっていることは驚嘆に値します。
そして何よりも読み手の心を引き付けて離さないのは、二大ヒロインのオスカルとマリー・アントワネットの描かれ方です。
まずはマリー・アントワネット。オーストリアの女帝マリア・テレジアの末娘として気高い気質に産まれますが、14歳でフランスに輿入れしてからは女性として満たされない寂しさから遊戯や賭博に日々を費やすようになり、国の財産を使い果たしてしまいます。そのつけを第三身分(農民や商工人などの平民)への増税に回した政策は国民感情を煽り、果ては王制廃止・国王夫妻処刑に至るわけですが、こう書くとアントワネットは「稀代の悪女」という事になりますよね。しかしこの作品ではアントワネットは悪女ではなく、時代に翻弄された悲劇の王妃として描かれています。退屈な日々に出会ったスウェーデンの貴公子フェルゼンとの恋は許されないものながら清らかで、フェルゼンの進言によりアントワネットは民の上に立つ王妃として少しずつ目覚めて生きます。しかし時は既に遅く、絶対君主制から共和制へと革命を進める上で象徴的な出来事として行われたのが「国王と王妃の処刑」。つまりスケープゴートとしてのマリー・アントワネット像を、華やかに美しく描ききったのが池田理代子さんという作家なのです。理代子さん特有の「人間性善説」に基づいた観点から描かれた登場人物の最たる部分かと思われます。アントワネットへの不満の火付けとなった歴史に名高い「首飾り事件」の犯人ジャンヌ・バロアでさえ、理代子さんに掛かったら悪女一辺倒ではなく時代が生み出した悲しい女性として生き生きと魅力的に描かれるのです。
そして架空の軍人オスカル。きっとこの名前を知らない日本人はいないだろうと思われるほどの、有名すぎる男装の麗人にしてスーパーヒロイン。こちらはマリー・アントワネットとは対照的に、身分や称号、家・財産など自分が持ちうる全てを捨て去り、思想のために運命を自ら選び取った強靭な女性像が描かれています。金髪を風になびかせ美しい肌を軍服に包んだ凛々しいその姿は、漫画の中でも外でも少女達に大人気。この漫画の成功はオスカルの魅力無くしてあり得ないだろうと思われます。オスカルは将軍家の跡継ぎとして男として育てられるのですが、女性としての人生を選ぶという選択肢には彼女にはなく、フェルゼンに恋をした時でさえ女としての幸せを否定して気持ちを封印しました。そのオスカルがアンドレへの愛に目覚め、女性としての感情に目覚めていくくだりは実に感動的で、強いだけでない女性的なオスカルの魅力を感じさせられます。
対照的な二人のヒロイン以外にも、魅力的な人物が沢山います。例えばロザリー。彼女は「春風のよう」だとオスカルに言わしめる可憐な少女です。貧困からパリの街でオスカルに「私を買ってください」と声をかけたことが出会いの始まり。オスカルへの献身的な愛は激しい激動の時代の中での安らぎであり、また読者のオスカルへの気持ちを代弁する愛らしいキャラクターです。
そしてオスカルと結ばれる幼馴染のアンドレ。光り輝くオスカルに幼少の頃から影のように寄り添う彼は、実に出会いから30年近くもその感情を胸に秘め、男性の持つ優しさや大きさを体現しています。女伯爵オスカルと平民アンドレの身分違いの恋も、革命を彩る重要なエピソードです。
とりあえずキャラクターの魅力と言う点に絞って書いてみましたが、この作品の魅力を知るには読むのが一番早いですね。さぁ、お読みになって下さい!



※関連作品
アニメ :1979年10月10日~1980年9月3日(全40回) 
映画  :1979年ジャック・ドゥミー監督、カトリオーナ・マッコール主演
宝塚歌劇:1974年初演、以降再演多数。現在も上演中。スケジュールはこちら

※Webコミックはこちらからどうぞ(^-^) 全10巻です。
ベルサイユのばら (1)

※手にとって読みたい方はAmazonで。
ベルサイユのばら 1 完全版 (1)

※関連本です。
ベルサイユのばら外伝―完全版 (1)
ベルサイユのばら大事典―連載開始30周年記念
ベルサイユのばら オールカラーイラスト集
ベルサイユのばら その謎と真実 単行本

他、関連グッズは→こちら←からどうぞ(^-^)

タキイのペチュニア「ベルサイユのバラ」
タキイ種苗のペチュニア「ベルサイユのばら」全色

2006年冬ドラマ展望

2005-12-06 (Tue) 23:20[ 編集 ]
風のロンド

来クールのドラマが出揃ったようです。と言う事は、今見ているドラマが最終回に近いのですね。今クールは『危険なアネキ』『あいのうた』『宮廷女官チャングムの誓い』(韓ドラ)『緋の十字架』(昼ドラ)を見続けているのですが、時間的にこれでも余裕はなく・・・『チャングム』はまだまだ続くのですが面白いので継続して見ます。んでキャストだけ見て絞ったのに、こんなにまだ残ってるー(><)

CX:昼ドラ「新・風のロンド」小沢真珠 1/5スタート
CX:月09「西遊記」香取慎吾 内村光良 伊藤淳史 深津絵里 1/9スタート
TBS:木09「白夜行」山田孝之 綾瀬はるか 柏原崇 1/12スタート
TBS:金10「夜王~YAOH~」松岡昌宏 北村一輝 香里奈 石垣佑磨 1/13スタート
TBS:日09「輪舞曲(ロンド)」竹野内豊 チェ・ジウ 木村佳乃 速水もこみち 1/15スタート

『新・風のロンド』小沢真珠主演で『牡丹と薔薇』の興奮再びか?結構期待してます。
『西遊記』深津絵里キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!でも西遊記か・・・。
『白夜行』山田孝之&柏原崇キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
『夜王』石垣佑磨キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
『輪舞曲』チェ・ジウ主演の話題作ですが、あまりにドタキャンが続くと見ませんよ?

今回は好きな俳優さんの出演作が多いので嬉しいけど、いくら俳優さんが好きでもドラマ自体が面白くないと途中で脱落してしまうわけで・・・。前回の1~3月期は沢山見始めたにも関わらず全脱落しましたので(笑)今度の冬はお気に入りになる作品に出会えるといいなと思ってます。

ズバッと当てて、豪華賞品をゲットしよう!! 応募者全員特典付き


風の輪舞 1 (1)

集英社

このアイテムの詳細を見る

白夜行

集英社

このアイテムの詳細を見る

夜王-YAOH 1 (1)

集英社

このアイテムの詳細を見る

西遊記〈1〉

岩波書店

このアイテムの詳細を見る

中川勝彦氏のこと。

2005-12-05 (Mon) 21:47[ 編集 ]
最近よく見かけるグラビアアイドル・中川翔子ちゃん(通称しょこたん)。彼女が私の大好きだったミュージシャン・中川勝彦氏の娘さんだと知ったのは、翔子ちゃんがミス週刊少年マガジン2002に選ばれた少し後でした。
中川勝彦氏は私がミュージシャンとして好きになった初めての人で、デビューは1982年。音はロックと言うには甘く、ポップと言うには繊細。ビジュアルも男性にしては細くて私好み(笑)あー、初めて好きになったイケメンもこの人だ(爆)翔子ちゃんの存在を知ったときは「勝ちゃん子供いたんだ!」とすごくびっくりしたのを覚えています。
当時の思い出としては、アルバム「してみたい」「DOUBLE FEATURE」「ペントハウスの夏」を死ぬほど聴いていて、嫌いだったマラソンの授業では「勝ちゃんの曲歌ってれば走り終わるー!」と言って歌いながら走っていたりとか(余計疲れるっちゅーねん)俳優としても映画「転校生」やTV「時をかける少女」に出演していて、本編そっちのけで「どこにいるんだ」と画面を凝視し続けたりとか、いつのまにかファンを卒業して何年か経ってオーストラリア旅行から帰ってきたときに家に電話をしたら妹が「勝ちゃんが死んじゃったよ!」と教えてくれたりとか・・・。彼が白血病で亡くなって10年以上経った今、20歳になった翔子ちゃんの活躍を見ると感慨深いものがあります。お父さんの血を見事に受け継いだあの美貌。そしてちょっと天然ぽい愛らしさ。彼女のブログでは「パパだ~」って勝っちゃんの画像を貼りまくっててすごく可愛い~(^。^) あんなに素晴らしい遺伝子は残さなきゃ勿体無いですよね。
私が今持っている勝ちゃんのCDは「ペントハウスの夏」だけなのだけど(他のレコードはどこに行ってしまったんだ_| ̄|○)今でも癒されたいときはよく聴きます。32年という短い人生でしたが、彼が確かに生きたという証が翔子ちゃんの存在も含めて確かに残っているという事実は、素晴らしい人生を彼が送れたことを物語っているのだなと感じます。うーん、子供欲しくなってきたぞ(笑)

勝ちゃん
デビューした頃のグラビア。大事にとってあります(^-^)

アルバム達。
中川勝彦/してみたい ダブル・フィーチャー ペントハウスの夏
FROM PUBERTY MAJI-MAGIC

携帯版:中川勝彦/してみたい

六義園の紅葉

2005-12-04 (Sun) 00:06[ 編集 ]
紅葉がピークの駒込・六義園(りくぎえん)に行ってきました(^-^)
この美しく広い日本庭園は江戸の二大庭園の一つで、徳川綱吉の側近・柳沢吉保が造ったそうです。
んで、その美しさをカメラに収めようとバシバシ撮ったのですが手ブレやら何やらで使い物になる画像がとても少なく・・・_| ̄|○ それでもマシなものを選びました。お楽しみください(^-^;)

六義園_1

都内にありながら、まるで奥日光のような風情です。

六義園_2

六義園_3

吹上茶屋から、抹茶と和菓子をいただきながら見ました。

六義園_4

佇むうちにすっかり日が落ちました。ライトアップされて美しいです。

六義園_5

おいしゅうございました♪

六義園_6

つつじの木で作られたつつじ茶屋です。

六義園_7

ライトアップも美しいけれど、やっぱり晴れた日の昼間に見たいなと。
寒かったよ~(><)

池田理代子さんを読み倒す。(13)『章子のエチュード』

2005-12-03 (Sat) 00:00[ 編集 ]
シェアブログ1189に投稿

これも初期作品の傑作ですね。『桜京』が好きか『章子(しょうこ)のエチュード』が好きかは完全に個人の好みによるでしょう。私の場合はキャラの魅力で『桜京』に軍配をあげますが(^-^;) 『章子のエチュード』も前向きでひたむきな少女が苦難を乗り越えて幸せをつかむ成長物語です。学園物で、「不義の恋」「妾の子」「わがままなお嬢様」と理代子先生色満載。週刊マーガレット・1972年(昭和47年)1号~18号に連載されました。この作品の後に少女漫画の金字塔を誇る『ベルサイユのばら』の連載が始まります。

**あらすじ**
高校生の柚木章子は突然の事故で両親を亡くしてしまい、父親の知り合いの会社社長・桐島の家で女中として働きながら学校に通う。桐島の娘で章子より一つ年上の麻由子は自分の気分で章子を都合よく扱い、大学生の息子・薫はなぜか章子に厳しく接する。どんなに辛くても笑っていようと誓う章子は、優しくしてくれる薫の親友・小嶺に恋をするが、小嶺には婚約者がおり、しかも本当の恋人は婚約者の妹で章子の同級生の野瀬百合子だった。許されない恋に絶望した小嶺と百合子は二人で冬の山に入り心中をしてしまう。それぞれの友人を失う薫と章子。そして薫は辛い境遇でも乗り越えようとする健気な章子に徐々に魅かれて行き、結婚を申し込む。

この作品には外的要因により辛い境遇に置かれた4人の女性キャラが登場し、それぞれが違った道を歩みます。
まずは「柚木章子」。両親が事故で他界し、他人の家で女中として働きながら高校へ通う。
章子の級友「野瀬百合子」は妾の子。本家で女中として働いているが、姉の婚約者と心中してしまう。
薫の元恋人「渡冴子」。事故で事業家の父を亡くし、贅沢な暮らしを続けるために金持ちの男性の愛人になる。
章子の級友「小早川さん(下の名前でて来ず)」。事故で父親をなくし、ブランド品を買うためにヌードモデルをしたり美人喫茶で働いたりしている。
それぞれの少女達が自らに課された境遇にどのように立ち向かって行くかによって行く末が全然違ってしまいました。小さな体で健気に頑張った章子は、大きく成長し薫という素晴らしい伴侶を得ます。逆境でもそれを乗り越えようとする力が人を成長させ幸せに導くという前向きなお話ですね。一つ一つのエピソードがとても濃く、しっかりと描かれているので読み応えがあります。
思うのですが、このドロドロ具合は昼ドラの題材にぴったりではないかと。昼ドラで学園物は無理かも知れないけど、なんとか考えてみてください東海テレビさん(笑)



↓Web漫画で読めます(^-^)
章子のエチュード (1) 章子のエチュード (2)

章子のエチュード


※収録本は現在入手困難ですが、Amazonで古本が入手できることがあります(^-^)
検索結果→章子のエチュード

NHK紅白歌合戦・出場歌手発表。

2005-12-02 (Fri) 12:18[ 編集 ]


WaT史上最速初出場!メジャーデビューから1カ月未満 (サンケイスポーツ)

年末は紅白を見ないとなんとなく落ち着かない私です(^-^;) 今年は早々とWaTが出ますね。ウエンツが「天才テレビくん」に出てたからかな?小池徹平にはまた泣いて欲しいです(笑)泣き顔も可愛いよネ。

他の出場歌手のリストはこちらからどうぞ(^-^)

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。