スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉ちゃん&鉄平『刑事クラ(デカクラ)』

2006-08-26 (Sat) 22:32[ 編集 ]
シェアブログmysteriousmusicに投稿

冗談音楽デュオとしてその地位を既に確立している感のある「杉ちゃん&鉄平」。両氏による新アルバムがリリースされましたので、早速買いましたですよ(^o^)

タイトルは『刑事クラ~モーツァルト殺人事件』。刑事クラと書いてデカクラと読みます(笑)
モーツァルトとのコラボが中心のアルバムですが、モーツァルト好きの私にはたまらないです(^o^)
刑事モノのドラマや映画の主題とモーツァルトの旋律が絶妙にアレンジされているのですが、モーツァルトの旋律と言うのはクラシックと言うにはスタイリッシュだと私は感じてるので、現代のキャッチーなメロディとの相性がすごく良いのですね。
中でも、3曲目は凄い!踊る大走査線→グリーグのピアノ協奏曲→モーツァルトのピアノソナタ第8番→特捜最前線→モーツァルトの交響曲40番→銭形平次→太陽にほえろ→モーツァルトのアイネ・クライネ・ナハトムジーク→モーツァルトの交響曲第25番・・・と、こんな感じで各曲が絶妙に絡みながらこの曲の持つ世界を現して行くのですが、この良さは文章では伝えられないので、是非聴いていただきたいです(^-^)

そして、私が特に気に入ったのは、6曲目の「AXEL F」。はい、ビバリーヒルズコップですね(笑)これはヴィヴルディとのコラボです。ゲストにゴールドカルテットのメンバーが加わり、雰囲気はそのままサロンの室内楽。こういうの大好きです♪
もう一つオススメは、8曲目のヴァイオリン担当の岡田鉄平さんのオリジナル曲「センチメンタルタンゴ」。ファンにはすっかりお馴染みの、ライヴの定番曲ですね。哀愁漂うタンゴの調べに酔ってしまいマス。

そして今回思ったのは、CDのジャケットや盤面が豪華!前回の『アニクラ』は秋葉系でしたが、毎回ジャケットまで凝ってて、楽しんで作ってる感がたっぷり。リリースするごとに洗練されていく様も感慨深く、これからの活躍が楽しみなデュオです(^-^)



〔送料無料キャンペーン中〕杉ちゃん&鉄平 モーツァルト殺人事件-CD-

楽天:刑事クラ~モーツァルト殺人事件
Amazon:刑事(デカ)クラ ~モーツァルト殺人事件~

「杉ちゃん&鉄平」その他のアルバム


岡田鉄平さん参加CD
『NY 32番街 ウィルソン探偵事務所』/Qi Michelan(タワーレコード)

タワーレコード・HMV・山野楽器のみで購入できます

「杉ちゃん&鉄平」+岡田鉄平さんCDストア
スポンサーサイト

「はぐねっと」でヘルシー生活

2006-08-19 (Sat) 23:21[ 編集 ]
この間紹介した食育サイト「はぐねっと」。季節の美味しいレシピが載っていると紹介したのですが、他にも良いコンテンツがあるので紹介しますね。
宗像先生のヘルシー心得」。毎月一回更新されるのですが、誰もが興味を持つ健康対策・・・得に、その季節の体のトラブルを乗り越えて元気に過ごせるような知識が紹介されていて、充実した内容になってます。例えば先月は「夏バテ予防」、先々月は「紫外線対策」などなど。そして今月は「健康維持の為の朝食」。忙しい朝だけど、栄養バランスの良い、しかも手早く作れる朝食を紹介しています。
例えば、この和食プラン。カルシウムを摂取できるメニューです。



野菜としらす干しの炒めもの(84kcal) おろし納豆(110kcal)
わかめと玉ねぎの味噌汁(30kcal) フルーツのヨーグルトあえ(93kcal)
ご飯(302kcal)


もちろんそれぞれのレシピ(非常に簡単な調理です)も載ってますし、役に立つ情報がいっぱいです。是非ご覧下さいね。

ニチレイの食育

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』

2006-08-18 (Fri) 23:59[ 編集 ]
「MI:3」に「パイレーツ・オブ・カリビアン」に。ハリウッドの大作が次々と公開される中、来月もまた痛快なアクション映画が公開されます。それは、9/15にロードショーの『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』。言わずと知れた人気のカーアクション映画ですが、今度はなんと日本が舞台です!私も車は好きなのでこの手の映画も好きなのですが、舞台が日本といわれると見たい気分が倍増しますね。
渋谷・新宿・銀座・首都高などで繰り広げられるカーアクションは驚愕の連続だそう。渋谷のスクランブル交差点で通行人の横断中に車が突っ込んでいくらしいのですが、どうやって撮影したのでしょうね(^-^;)?
そして気になる日本人キャストは、北川景子と千葉真一、そしてカメオ出演するタレント達にKONISHIKI・柴田理恵・妻夫木聡・中川翔子・土屋圭市(!)などなど。何だかすごいですね!日本人の活躍の場がハリウッドでもどんどん広がりそうで、これからどんな国際スターが生まれるかに思いを馳せるのも楽しそうです。
劇場で見たらきっと迫力満点!楽しみですね♪

草太君にもだえ死に。

2006-08-14 (Mon) 23:59[ 編集 ]

草太と言ってもウルトラマンマックスじゃありませんw 絶好調の昼ドラ『美しい罠』で資産家の家で使用人として働く草太君(水谷百輔)の事です。やや興奮気味に書きますが(笑)財産を乗っ取る為にその資産家の妻となった主人公の類子(櫻井淳子)がですね、結託していたはずのその家の秘書・槐(高杉瑞穂)に単に繰られていたことに気付いてですね。「私は操り人形じゃない」と反撃を開始するのですよ。そして手始めに、その家の使用人母子の息子の方を誘惑する、と。
類子が背中から草太の頭を抱きしめて、その胸に顔をうずめさせるのですが・・・その草太のお目目の可愛いこと可愛いこと。どこの子犬ですかあんたわwwwという感じ。見ているこっちはもだえ死にしそうです。・・・あー、類子になりたい(爆)
そんなわけでますます面白くなってきた『美しい罠』。いよいよ残り半分です!槐の冷酷非道っぷりが明らかになってきて、いよいよ目が離せなくなります(離してないけど(笑))そして、完全無欠だったはずの槐が類子によって心を乱される、その心の揺れる様にも要注目。・・・不破のおじさまを殺すの?殺しちゃうの槐?・・・勘弁して下さいよ・・・地獄に類子まで連れて行かないでよ、槐~_| ̄|○

水谷百輔 出演作品

『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』観ました

2006-08-13 (Sun) 02:16[ 編集 ]
パイレーツオブカリビアン2/D ポスターフレームセット

観て来ました~(^o^)/前作が超絶お気に入りなのでとっても楽しみにしていました♪♪一番好きな映画は「アマデウス」なのですが、前作は娯楽作で一番好き。その娯楽性と、素晴らしいサントラと。何より、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウの魅力に参ってしまったのです。なのでこの作品は期待度∞。その期待に違わず素晴らしいスケールの娯楽作品でした(^o^) 以下、ネタバレですので観ていない方はご注意を。

ジャック・スパロウのセクシーさは相変わらず。ウィルを愛していたはずのエリザベスが惹かれてしまうのも当然ですね(笑)でも彼には本気で誰か一人を好きになって欲しくないなぁ・・・いつまでもトルトゥーガの女達にビンタされている放蕩児でいて欲しいです。
恋愛といえば、見た目も恐ろしいタコの怪物デイヴィ・ジョーンズ。恋に落ちてその余りの苦しさから逃れる為に「死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)」に心臓をえぐり取って鍵を掛けたわけですが、スパロウが鍵を開けた時に手紙や花束が入っていたのでなんだかタコ船長が可愛く思えました。ロマンチストなんだなぁって。
そして、職を追われたノリントン。あんなに白かった人が汚くなっていて(^-^;)イスラ・クルーセス(十字架島)での彼とウィルとスパロウの三つ巴の剣劇はワクワクしました。私、西洋のチャンバラに弱いのですよ。衣装も素敵なので惚れ惚れしちゃいます。史跡~水車のバトルもですが、前半の原住民とのバトルを見ていても、彼らは命がいくつあっても足りないような気が。どうやって危機を乗り越えるのか全く想像が付かない所にハラハラさせられます。
映像も素晴らしいです。お金すごくかかってそう(^-^;) タコ船長の船の怪物達(ハンマーシャークやヤドカリ、サンゴ、ハリセンボンなどなど)は常にCGだし、船も実際に作ったらしいし・・・自然の風景が美しいのでいつか行ってみたいなと思ったりもします。預言者ティア・ダルマに行くまでの川はもろにディズニーランドですよね(笑)ディズニーランドに行きたくなりました。来年「カリブの海賊」がデッドマンズ・チェストバージョンにリニューアルされるらしいのでその後に行こうかな?

・・・良い所をあげたらキリがないのでこの辺でやめますが(笑)観終わった時に突然涙が出てボロ泣きしてしまい、しばらく席を立てませんでした。と言うのも、この映画があまりに超大作なので、この様な映画を作る事ができる人達がいるという事実に感動してしまったのですね。素晴らしい仕事っぷりです。感服!前売り1300円がとても安く感じる映画ですので、まだ観ていない方に是非オススメです♪

『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』公式サイト

食育の「はぐねっと」

2006-08-11 (Fri) 00:34[ 編集 ]
以前、こちらの記事で紹介させていただいた「はぐねっと」。『食育』という言葉もだんだんと知られてきた今、その意味と意義を再確認するのに丁度いいサイトなのです。
久しぶりにサイトを見てみたら、季節のレシピも夏向けになっていました(^o^)担当は、老舗の洋食屋「小川軒」の小川洋シェフ。小川軒は西武のデパ地下にもイートインがあり、たまにお世話になってマス。


画像は、きすのマリネ シソ風味マヨネーズソース
夏らしく、シソの風味が爽やかそうですね。そう言えば私、きすっておろしたことない・・・と思ったら、しっかりサイトにおろし方の説明が載ってました。これなら安心かも。近いうちに作ってみます~♪
こうやって夏の食材のもたらすパワーを積極的に得ると夏バも防げそうですよね。「はぐねっと」、ちょくちょくチェックしないとと思います(^-^)

ニチレイの食育

『のだめカンタービレ』月9でドラマ化!

2006-08-10 (Thu) 11:32[ 編集 ]
「のだめカンタービレ」月9でドラマ化!(サンスポ)

久々に楽しみなドラマです(^o^) 二ノ宮知子原作の大人気漫画「のだめカンタービレ」がなんと月9でドラマ化。見ます、絶対見ます~♪
気になるキャストは、
・野田恵(のだめ):上野樹里
・千秋:玉木宏
・峰龍太郎:瑛太
・シュトレーゼマン:竹中直人

・・・ミルヒーは日本人の設定に変更でしょうか(^-^;) 上野樹里さんはルックス的にはぴったりですね。私的には南海キャンディーズの静ちゃんなのですが(笑)千秋役に玉木宏は・・・うーん(-_-;) 玉木宏は好きだけど、なんかイメージ違う・・・瑛太の峰はいいかも♪彼の弾くベートーヴェンの「春」が聴きたいです。
何より楽しみなのは、数々のクラシック演奏をどう表現してくれるかですね。クラシックファンを納得させてくれるような音楽表現を月9に求めるのはちょっと苦しいかな?

ちなみに、千秋が率いる「Sオケ」のオーディションがあるそうです(^-^)
募集告知

楽譜もあります♪


「のだめカンタービレの世界」入門編
「のだめカンタービレの世界」上級編
「のだめカンタービレの世界」モーツァルト編

原作は15巻まで出ています(連載中)

ヨリって女、超ムカつく!

2006-08-08 (Tue) 00:03[ 編集 ]
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!
ヨリ超ムカつく!


















以上、先週の韓ドラ「宮廷女官 チャングムの誓い」の感想でした(笑)
早くヨリ追放でもされないかな~。チャングム可哀想ス(;;)

ホラー映画『神の左手悪魔の右手』

2006-08-07 (Mon) 00:01[ 編集 ]
観て来ました。多分感想が長くなると思うので、最初に手っ取り早くまとめて置きます。

ホラー映画が苦手なのに見てしまったわけですが、もう最初の方から怖くて勘弁してください状態。捨てられた人形とか、少女ばかりを狙う連続殺人犯の持つ大きな鋏の音だとか、スプラッター映像に至っては直視できないほどです。心の中では常にギャーギャー叫び声をあげていました。
それでも映画を観終わって思ったのは、スプラッター以上にファンタジーの要素が大きかったなという事。映画の中では語られない謎の部分も多いのですが、観賞後にいろいろ考えるのは恐怖や衝撃のことではなく、親子の愛や子供の棲む不思議な世界についてなのですよ。劇場を出て「あの映像すごかったよねー、楽しかったよね」で済まされるその場しのぎのスプラッターではなく、震え慄きながらもその映画の持つ意味を考えさせられる深い映画でした。
そして映画の持つ雰囲気も、楳図かずおという昭和の時代から活躍する漫画を原作にどこか懐かしい空気を感じさせられます。特撮やCGの技術なども良い意味で昭和を感じ、リアルな血肉が必ずしも恐怖に繋がるものでは無いことを思い知らされました。

えー、既にこんなに長く書いてしまったわけですが(笑)もう少し詳しく書くので、読みたい方だけ付き合って下さい(^-^;)
まず、ホラー映画の必須項目である「恐怖」について。この辺はすごくポイントをよく付いていて、人間が恐れを感じる小道具や音がすごく効果的に使われていると思うのですよ。
例えば、冒頭の大きな西洋人形。人形には命が宿ると言いますから、道端のゴミ捨て場(しても回収する場所ではなく、放置されている場所)に無造作に捨てられ、「キモい」と言われて蹴られ、煙草の火を押し付けられ、雨に打たれ水しぶきをかけられ・・・それはそれは恨みの蓄積されたような人形・・・もうそれだけで恐怖を覚えます。その人形を拾ってあげた女の子(紗綾。可愛い!)は無残にも鈎針で釣られて殺されてしまうのですから、その先のストーリーの恐ろしさが予感されてさらに恐怖が増します。
そして大きな鋏。昔「クロックタワー2」というゲームで遊んだことがあるのですが、あんな感じですね。鋏をシャキンシャキン言わせながら、顔の見えない犯人が追いかけてくる・・・人間の生理的な部分に訴えるには効果的。
そして斧。これも馴染み深い恐怖のアイテムですが、頭をかち割ったり首を飛ばしたりする他にも、その刃の上に友人の血で赤く染まったケーキを乗せて無理やり食べさせたり

すみません、ちょっと気分が悪くなってきました_| ̄|○スプラッター苦手なのですよ(;;)
という事で、スプラッター部分の説明はもう割愛。あ、その質感なのですが、最新鋭の本物そっくり技術みたいなのではなく、手作り感のある物でした。これって逆に古い時代を感じさせてくれるので、ハリウッド映画みたいじゃなくて私は良かったと思います(マニアの人はリアルな方が好きなのかも知れませんが、例えば蝋人形って何だか気持ち悪いですよね?あんな感じの恐怖感が漂ってきます)

その恐怖に交えられたファンタジーの部分ですが。最大の想いはやはりあの田口トモロヲさん演じる父親の、幼い娘への愛情ですよね。絵本を読みたがる娘の為に黒いスケッチブックに絵物語を描いてあげるのですが、悲しい事に彼は絵も文章も上手くないのです。しかし娘の為に面白い絵本を描こうと、自分で少女を殺し、それを絵本に描いてゆく・・・その屈折した稚拙な愛が、怖くはあるのですがとても可哀想に思えてしまって。あんな風に愛されたらある意味幸せなんじゃないかと想うほどです。そしてその父親を狂わせたのがあの愛くるしく純粋な幼女(清水萌々子)だとすると、最後に想(ソウ)が言っていた「大人は何で信じてくれないの?」という言葉ですが・・・子供にしか見えないというよりは「子供自身が残虐性を生み出している」という事を如実に表していた部分だと思います。思い出してみると、小さい頃は平気で蟻を踏み潰したり、トンボの尻尾に糸をつけて飛ばしていたりしたものです。私はやりませんでしたが、蛙のお尻に爆竹を入れてた男の子もいたなぁと。そういう残虐性を徐々に悪しき事として学び、成長するのも大人になる過程ですよね。そう考えと、前述した手作り感のあるスプラッター表現も、子供の目というフィルターを通した映像と考えることもできるのかも知れません。

想という少年は「正しき者を蘇らせる神の左手と、悪しき者を滅ぼす悪魔の右手」を持つ少年でした。最後に父親を狂わせた少女が父親の棲む絵本を自ら燃やす事を選んだように、想もそのうちその力を失うときが来るのでしょう。大人になる前の、子供なら誰でもが持っている残虐性・・・そんな忘れていた感覚を思い出させてくれた、懐かしい感じのする映画でした。来週見に行く予定の某ハリウッド映画のように、見てスッキリと爽快感を味わうのも映画の楽しみですが、終わってからこうやっていろいろ考えるよう計算されて作られた映画もなかなか好きですね。この辺は監督や脚本の力なのでしょうね。

最後に、役者さんについて。田口さんはもう怖すぎて直視できないほどその狂気の演じ方が上手かったのですが、渋谷飛鳥という新進女優の素晴らしさには参りました。父親と格闘して刺された後は、「あんた本当に刺されて死んでるでしょ」みたいな。想役の小林翼くんは、激カワユス!何ですかあの声は。愛くるしすぎます(;;)そして私のイチオシ、変な警備員役の渡来敏之さんのシーンは客席から笑いがおこってました(笑)

・・・あ、もう一つ。私が観た回の終わりに、金子修介監督と渋谷飛鳥ちゃんと、脚本家の松枝佳紀さんのトークショーがありました。この作品への思いや裏話がきけてとても面白かったです。(黒い絵本とデスノートが似ているのは偶然だそうですよ(笑))何より、渋谷飛鳥ちゃん、ものすごく綺麗!!あんなに綺麗な人は一般人ではまずいないです。さすが女優さんになるような人は違うなと思いました^-^)

P.S.
しばらく魚はさばけそうにありません_| ̄|○

ドキュメント・オブ 神の左手悪魔の右手 恐怖考察記
ドキュメント・オブ 神の左手悪魔の右手 恐怖考察記

水沢うどんを自宅で。

2006-08-06 (Sun) 18:35[ 編集 ]
日本の三大うどんの一つと言われる、群馬の「水沢うどん」。群馬は私の地元なのでその美味しさをよく知ってるのですが、その水沢うどんが試食できるキャンペーンに当選したので、早速いただいてみました(^o^)

(このキャンペーンです♪)
キャンペーンバナー

お店は、老舗で有名な「大澤屋」。伊香保温泉近くの数ある水沢うどんのお店の中でも、特に人気のあるお店です。お品は、「謹製肉うどん」。半生うどんにかけつゆ、お揚げ、上州和牛バラ肉の煮物、七味唐辛子のセット。化学調味料や添加物を一切使わない、安全で質の高いお品です。作り方もとても簡単でした!




このセットで2人分です。



たっぷりのお湯で4~5分茹でます。
コツは、必ずたっぷりのお湯を使い、湯の中で麺を対流させること。
うどんに関わらず、中華麺でもスパゲティでも同じですね(^-^)



茹でている間に、薬味のねぎを切って用意します。



どんぶりの中にパック入りのお揚げと牛肉の煮物を入れ、お湯を入れて暖めておきます。
どんぶりも暖まって一石二鳥です。
(中華どんぶりでスミマセン_| ̄|○)



うどんが茹で上がったらどんぶりに取り、
同じく茹でている間に暖めておいたかけ汁(3倍濃縮なので、お湯で薄めます)をかけます。



お揚げと牛肉、ネギと七味唐辛子を盛って出来上がり。
お湯を沸かす時間を入れても10分ほどで食べられます♪


食べてみると、お店で食べたあの美味しさと全く変わりません!つややかでコシのある麺。美味しい小麦ときれいな水で作ったのだなと思わされるその繊細な味は健在でした。やっぱり水沢うどんって美味しい!と再確認しました。
お揚げもふっくらと煮上がっていて、麺とよく合うしっかりした味付け。そして、上州和牛バラ肉の煮込みも、生姜の風味のきいたしっかりと煮含められた味でボリュームが感じられます。あっさりした繊細な水沢うどんに食べ応えが加わり、食べ盛りの男性やお子さんにも喜ばれそうな味だなと思いました。

ちなみに今「大澤屋」では抽選でこの2人分の「謹製肉うどん」をプレゼントするキャンペーンを行ってますので、興味のある方は見てみて下さいね。ブログを持っている方なら、このキャンペーンをブログで紹介すると当選確率が2倍なのだそうです。実は私も当たったので(笑)美味しいついでに、最近滞っていたブログの記事も書けて嬉しい私でした。

キャンペーンバナー



昼ドラ『美しい罠』第5週

2006-08-05 (Sat) 23:25[ 編集 ]

ストーリーはまだやっと1/3なのですが、これは凄いです!私の中で昼ドラ史上最高傑作と位置づけている『危険な関係』を超える可能性が出てきました。同じスタッフが製作した『危険な関係』の場合は、実に緻密な脚本で危険なゲームに興じる男女の行く末をじっくりと描いてあの美しい贖罪のラストへと繋げていったわけですが、今回の『美しい罠』の場合、展開の面白さや緻密さはその良さを踏襲しつつ、「沢木槐」という男性キャラに大いなる魅力を与えたことが前作からの最大の飛躍に繋がったと思うのです。
かつて昼ドラでこんなに魅力的な男性は存在したでしょうか?私には一人も思い当たりません。彼の知的なクールさ、時折あふれ出るようなセクシーさ。そして最近になって見せ始めた悪魔のような残忍さ。彼と主人公の類子(櫻井淳子)は莫大な金を手に入れる為に手を組むわけですが、視聴者はなかなか本性を見せない槐に翻弄され、愛すると同時に憎しみを徐々に覚え、彼がその魔性を現した頃にはもうすっかり彼の虜になっていて恐ろしい男と知りつつ離れられない・・・そんな心の揺れをこの5週間のうちに類子と一緒に体感してきたのだと思います。
まさかこんな風に昼ドラにはまる日が来るとは思いませんでした。何だか昼ドラという枠に収めるのが勿体無いくらいです。立派なサスペンスとして沢山の人に観られるべき作品だと思います。槐を演じる高杉瑞穂さんと、脚本の金谷裕子さんに拍手を送ります(パチパチパチ)。
他の役者さん達の演技も素晴らしく、特に最近亡くなった敬吾役の大沢樹生さんは舞台仕込みの演技が炸裂してなかなか楽しませてくれました。その単細胞キャラが好きになりかけた途端に死んでしまったのですごく寂しいです。そしてどうやらその黒幕が、槐。槐と類子には幸せになって欲しかったのに、槐が人の死に関わったことでハッピーエンドは絶望的になりました_| ̄|○ 『危険な関係』を超えるには、それ以上の納得行く贖罪のラストが必要ですね。もう二人には「死」という贖い方さえも選択肢に入ってきましたが、それまでの間にどのように華麗なゲームを見せてくれるかに注目です。どうか槐や類子がこれ以上罪を犯しませんように。実はいい人だった不破のおじさまに幸あれ。

美しい罠 公式ページ

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。