FC2ブログ

『のだめカンタービレ』第7話(楽曲付)

2006-11-27 (Mon) 22:44[ 編集 ]
早くも第7話ですか。終わりが近づくようで寂しいです。
いよいよ音楽面で濃い内容になってきましたね。
千秋は新しいオケで自分の可能性を試そうとするけれど、
集まったエリート達はコンクールの準備に忙しく、
このオケを思い出程度にしか考えていない。
このオケに全てを賭けようとしている千秋と峰と
その他のメンバー達の温度差が実にやるせなく寂しいものでした。

そのR☆Sオケが奏でるブラームスの交響曲第1番・・・最悪でしたね。
心が一つにならないために、重厚で荘厳なあの曲が非情に気持ち悪い演奏に。
黒木の吹くクソ真面目なオーボエはのだめに出会ったことによって
暖かなピンクのモーツァルトに。
そして、落ち専の生徒のショパンは微妙にヘタ(笑)
そういう、音楽の表現もなかなか細かくて楽しいです。
のだめのピアノもとても荒っぽくデタラメだし(笑)
千秋の指揮も、段々と本腰を入れた感じの振り方になっていますね。

さて。またBGMを書き連ねておきますが、
前回は分からない曲が多くて困ったのに今回は超メジャー曲ばかり。
おかげで試聴も出来ますので、リンク先で是非聞いてみてください(^-^)

○のだめ、ハリセンに怯える
シベリウス/交響詩「フィンランディア」

○谷岡先生の生徒のレッスン
ショパン/幻想即興曲(試聴できます)

○峰、Aオケに入る→新オケ飲み会
シベリウス/カレリア組曲

○新オケ飲み会30分後
オッフェンバック/喜歌劇「天国と地獄」序曲

○新オケの演奏曲
モーツァルト/オーボエ協奏曲
Martin Gabriel & Vienna Mozart Academy - classic@comics Vol.1 ~ コミックで出会った名曲たち - モーツァルト:オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314 ~ 第1楽章

○のだめが変
ショパン/エチュード「別れの曲」(試聴できます)

○R☆Sオケ命名
コダーイ/ハーリ・ヤーノシュ

○黒木、のだめに恋→清良の独奏
メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲(試聴できます)

○谷岡先生、のだめを語る
ドビュッシー /亜麻色の髪の乙女

○ハリセンの愛の形
ドヴォルザーク/スラブ舞曲第10番(試聴できます)

○飛行機胴体着陸の恐怖
ヴェルディ/レクイエムより「ディエス・イレ」

○ミルヒーのCD&R☆Sオケ2曲目
ブラームス/交響曲第1番(試聴できます)
Alexander Rahbari & Belgian Radio and Television Philharmonic Orchestra - classic@comics Vol.1 ~ コミックで出会った名曲たち - ブラームス:交響曲第1番 ~ 第1楽章

○峰の夢R☆Sオケ
ホルスト/組曲「惑星」より「木星」(試聴できます)

○千秋、R☆Sオケから出て行く
ラフマニノフ/ヴォカリーズ(試聴できます)
 ↓
モーツァルト/交響曲第25番 (試聴できます)
 ↓
バッハ/小フーガト短調(試聴できます)

【関連記事】各話の使用曲(挿入曲・BGM)をまとめています
『のだめカンタービレ』主要楽曲・プチ情報まとめなど
『のだめカンタービレ』第1話
『のだめカンタービレ』第1話(楽曲&プチ情報)
『のだめカンタービレ』第2話(楽曲)
『のだめカンタービレ』第3話(中村付)
『のだめカンタービレ』第4話(楽曲)
『のだめカンタービレ』第5話(楽曲)
『のだめカンタービレ』第6話(楽曲)
『のだめカンタービレ』第7話(楽曲)
『のだめカンタービレ』第8話(楽曲)
『のだめカンタービレ』第9話(楽曲)
『のだめカンタービレ』(iTunes)

 
■送料無料■限定盤■のだめオーケストラ CD【のだめカンタービレ ベスト100】 06/12/13発売
■送料無料■通常盤■のだめオーケストラ CD【のだめカンタービレ ベスト100】 07/1/1発売
Amazon:のだめオーケストラ/のだめカンタービレ ベスト100

  
「のだめカンタービレ」キャラクター・セレクション
千秋編・のだめ編・ミルヒーとなかま達編。
Amazon:「のだめカンタービレ」キャラクター・セレクション

(Amazonでクラシック部門売り上げトップ!)

楽天:「のだめオーケストラ」LIVE!
Amazon:「のだめオーケストラ」LIVE!


楽天:ベスト・オブ・カンタービレ
Amazon:ベスト・オブ・カンタービレ

 
(のだめのバッグ&ロケットペンダント)
スポンサーサイト



韓流館/新大久保

2006-11-27 (Mon) 00:52[ 編集 ]


先週コンサートで2日連続で新大久保の街を歩いたのですが、
気になったのは韓国料理のお店の多さ。
1日目の夜にネットで調べたら、日本でも有数のコリアンタウンなのですね。
では、2日目の夜はお買い物をしたりお食事をしたりしようかと、
ちょっとワクワクしながら新大久保の街を歩きました。

しかし、全く読めないハングル語の看板ばかりだし、
周囲の人も韓国人の方が多く、本当にここは日本なのかとだんだん不安になり(笑)
そんな時に発見したのが、比較的明るい雰囲気のお店「韓流館」。
韓国スターのグッズや韓国食材が沢山置いてあるお店でした。
そこの屋台で何かちょっと食べようかとお店を覗いてみましたら
「ホットク」という物が気になりまして・・・頼んでみました。

「韓流館」の屋台です。



向かって右の鉄板で「ホットク」を焼いています。
左は「トッポキ」。韓国餅を野菜と共に辛く煮たものらしいです。



これが焼きあがったホットク。
油をたっぷり引いて焼いてあるのでカリカリの食感。
中には餡子とシナモンで「甘いお焼き」といった感じ。
いわゆる韓国の屋台スイーツでしょうか。熱々で美味しかったですよ♪



ちなみに同じお店でキムチも買ってきました。
結構辛かったけど、深みのある味で美味しかったです♪



※次に行くときがあったら「大長今料理」を食べたいです♪

 | HOME |