FC2ブログ

『NANA』

2006-12-16 (Sat) 00:34[ 編集 ]
映画「NANA」をTVで見た。
原作が好きだったので劇場で見たいと思ったけど
嫌な予感がして見なかった。
結果、TVで見て正解だった。

漫画を原作にして映像を作るのは大変だと思う。
原作ファンを納得させないといけないから。
でもデスノやのだめの例を見ると
映像が原作を超える事は決して不可能ではないと思う。

ではNANAの場合はどうだったかと言うと・・・

原作を知らない人には面白い映画
原作を知っている人にはただのコスプレ映画

以前から思っていたのは、
精神を徐々に病んでいくナナが歌うには
あのHydeの曲では明るすぎるということ。
(注:私はHyde君は大好きです)
しかし驚いたことに、この映画には合っていた。
というのも、原作と映画とでは作品のコンセプトが
全く違っていたから。
映像は原作を意識して同じビジュアルで撮っていたけれど、
映画は恋愛や友情をただ明るく描いているのに対し
原作はもがき苦しむ人間の叫びの上にそれが描かれている事。

要するに、映画は陽からの作りで 原作は陰からの作り。
陰からの作りにはドラッグやパンクが不可欠であったけど
陽からの作りには明るいポップスが必要だったのだなと。

原作を知らずに見たYUKIは喜んで見ていたし
私も原作を抜きにしたら一つの映画の作り方として
それはそれでいいんじゃないかなと思ったけど
原作者の矢沢あい的にあれでOKなのが不思議でならない。
(OKでなければあんな軽い歌詞など書かないだろう)

原作を知っている立場から見ると
デスノの場合は原作を凝縮して濃い映画になっていたけど
NANAの場合は上辺だけをさらったようにしか思えなかった。
要するに薄っぺらいんだよね。

そうなると難しいのは「NANA2」。
あの明るい世界からどうやってあの展開に繋げるの?
それまでに各登場人物の心の闇を描いていないから
原作通りの展開に描いたって
視聴者の共感を得られるとはとても思えない。
原作の読者だってあの展開には発狂してたのに。
しかも主要人物3人も交代してるし・・・

あの映画から宮崎あおいの可愛らしさをとったら
何が残るんだと結構疑問。
でも原作の展開を考えたら降板して正解だと思う。
中嶋美嘉は演技は微妙だったけれど
切ない雰囲気が出ていて良かったヨ
松田龍平とか成宮とか松ケンとか
脇役にいい俳優さんを揃えているわりに
全然よさが生かせてなかった。勿体ない~

※トラネスのドラムが「美罠」の草太(水谷百輔)。
ちらっとしか映ってなかった_| ̄|○
草太見たさに2も見るよ~(TVで)
スポンサーサイト



 | HOME |