スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山ケンイチで「カムイ外伝」初実写化

2007-07-31 (Tue) 23:09[ 編集 ]
って、おい_| ̄|○

松山ケンイチで「カムイ外伝」初実写化!崔洋一監督と初タッグ
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070731-OHT1T00037.htm

朝一番でこのニュースを見て脱力しました。
だって私、カムイを実写化するなら石垣佑磨君で
一昨年から言い続けてたんですよ?(泣)

カムイ外伝は高校の図書室に置いてあったのを読んで以来大好きで、
私にとってはオスカル様と並んで大好きな架空のキャラクターです。
孤独の中で息づく抜け忍カムイの精神世界を、
佑磨君なら強靭な肉体とガラスの心で見事に演じられるはずなのですが・・・

ショック。果てしなくショック・・・

はぁぁぁああああ_| ̄|○

というわけで再度。

 

似てるでしょ?(泣)



忍風カムイ外伝 DVD-BOX
Amazon:カムイ伝・カムイ外伝 DVD・ビデオ・漫画単行本
 
スポンサーサイト

「花ざかりの君たちへ ~イケメン♂パラダイス~」

2007-07-25 (Wed) 00:57[ 編集 ]
という訳で、「花ざかりの君たちへ ~イケメン♂パラダイス~」通称「イケパラ」。
萌え系少女漫画のドラマ化という事で、正直全く期待していなかったのですが
流れ始めた映像を見て、もしかして佑磨君はかなりイケるんじゃ?と。
次々と流れるイケメンの中で、抜群の存在感。
一瞬の表情で彼が演じるキャラクターがしっかり表現されているようで◎。
そして毎日のように繰り広げられる番宣でも、素顔の佑磨君の魅力が爆発!
沢山のイケメン男子の中にいても一番喋るし、
皆を引っ張っていってムードメーカーになっている感じ。
「ジャンクスポーツ」ではほとんど喋らず飾られた花状態なので、
元気な彼を見て安心しました。(もっと彼に話させてやって下さいな>浜ちゃん)

ここからは本編の感想を。
正直、1話目を見たときは「うーん」と(^-^;)
でも2話目からぐいぐい面白くなってきました!
佑磨君が演じているのは第一寮の寮長にして空手部の筋肉バカ・天王寺恵。
硬派なんだけどお笑い担当で、ひたすら笑わせてくれます。
彼が画面に映っている時は彼に釘付けなんですけど、
そうでない部分も面白くて見事にハマってしまいました。

まず、堀北真希演じる芦屋瑞稀。
華奢な身体で生意気ぽい男子を演じてる瑞稀の一生懸命さがすっごく可愛い!
あんな子がクラスにいたら惚れるかも。でも女だと分かったら悲しい(^-^;)
瑞稀を前にして、ホモじゃないかと悩みながらもときめく中津とか、
女と知って心に微妙な変化が訪れる佐野の視線でドラマを見るとすごく楽しいです。
どうか皆に女と知れずにこのままドタバタが続きますように(笑)

そして、佐野泉を演じる小栗旬。
・・・小栗旬ってこんなに凄い俳優さんだったんだ!とびっくり。
特に昨日の第4回。陸上選手として再起するまでの心の変化を、
微妙な表情の演技で伝えることの出来る演技力。
この人の演技をもっと見てみたい、と心底思いました。

最後に、生田斗真演じる中津秀一。
・・・あはは(´∀`) 佐野のおかげで全く実りそうもない瑞稀への想いだけど、
一番応援したくなる無邪気で可愛い男のコです。中津君、がんばって!(笑)

という訳で、放映終了と同時に次回が待ち遠しい「イケパラ」。
「パパとムスメの7日間」と並んで今季ワクワクしながら見ているドラマです。
(一つ、すっごく期待していたドラマがあったのですがそちらはダメダメ。
主演の俳優さんに小栗旬の爪の垢を煎じて飲ませたいです)

『花ざかりの君たちへ ~イケメン♂パラダイス~』公式ページ

※公式ページに佑磨君のインタビューが掲載されました。
役作りへの真摯な姿勢やこだわりを読んで、ああ、やっぱり佑磨君は素晴らしいな、と。
「夏雲」に比べると素でサラッと楽に演じてそうと思った私がアホでした(^-^;)



Amazon:花ざかりの君たちへ

「夏雲あがれ」から「イケメン♂パラダイス」へ。

2007-07-25 (Wed) 00:44[ 編集 ]
NHKで6月~7月頭まで前5回で放映された木曜時代劇「夏雲あがれ」。
大好きな石垣佑磨君主演と言う事で、この為にHDDレコーダーを買ったほど
期待していましたし楽しみにしていました。
その期待を全く裏切らないユーマ君の活躍っぷりで、
本当に充実した5週間を過ごさせていただきました♪

まあ、脚本と演出には文句を言いたい部分もありますけどね(笑)

でもそんなのも吹き飛ばすほど、水を得た魚のように殺陣もセリフ回しも
元気いっぱいで頑張ってくれた佑磨君に感謝です。
親友役の青山草太君とは「ホーリーランド」に続いての親友役でしたが、
金子修介監督のブログによると、今回のキャスティングは
ホリランを見てのものだったとか。うん、目の付け所がイイです。

そして佑磨君・草太君・そして崎本大海君の出演した土曜スタジオパークも
NHKまで見に行ったわけですが、VTRが回っている時に
三人で仲良さそうにしていたのがかなり笑ましかったです。
(佑磨君が崎本君の服についていた何かを取ってあげていたのが可愛かった(^-^))
それと、ドラマのVTRが流れている時に、佑磨君がセリフをその場で言いながら
モニターに食い入るように見ていたのですが、その姿が実にセクシー(*´д`*)
精悍な顔付きもさる事ながら、役者としての姿を目の当たりにしたようで
とても嬉しく感動したものです。
TVには映っていなかったその姿を見られただけで、ああ、行って良かったなと。
1時間の放映時間の間、58分くらいは佑磨君を凝視していたので疲れましたが(笑)
なんだかとっても幸せな時間を過ごせました。佑磨君、ありがとう♪

肝心の時代劇ですが・・・製作側にちょっとした苦言を(^-^;)
なんだかダイジェスト版を見ているようで、せわしく話が運ばれた感が。
なのに余計なナレーションが入っている部分もあったりして
全体的に不安定感が否めなかったです。
その所為でセリフ回しも早くなっていたようで、
もうちょっと落ち着いた時代劇が見たかったかなって思いました。
ところどころ「狙った」演出があった部分は笑えて良かったのですが・・・
例えば、佑磨君演じる新吾が女物の着物を着たまま真面目に会話していたりとか、
画面の左端に草太君演じる太郎左の美尻がずっと映っていたりとか
(今まであんなに長くお尻が映っていたドラマは見た事がありません(笑))
うーん、やっぱり脚本が荒かったのかな。
そういった部分ではちょっと残念でもあるのですが、

それ以上に佑磨君の魅力と将来性を見出せた事に私はとても感謝しています。
これからもっともっと役者として成長していける、そう思えて非常に嬉しい(^-^)
出来ればこれからもずっと時代劇に出続けて欲しいな・・・例えば、大河とか。
時代劇には大物の先輩が沢山いるのでいい成長に繋がりそうだし、
何より佑磨君の持ち味が生きると思うんですよね。
運動神経の良さを生かした作品に出演しながら、
繊細なピアニストの役もいつか演じて欲しい・・・というのは、
私の単なる希望です。わがままです、はい(^-^;)

そして「夏雲」の放映と平行して話題に出てきたのが
7月から放映しているドラマ「花ざかりの君たちへ ~イケメン♂パラダイス~」。
主要人物を演じているおかげで番宣でも頻繁に顔を見せてくれるので
私にとっては正にパラダイス、な日々です。
長くなったので、イケパラ(「花君」ではなく「イケパラ」と呼んでます(笑))
の話題は次の記事で。

『夏雲あがれ』公式ページ

 

Amazon:宮本昌孝『夏雲あがれ』

(゚Д゚)ウマウマー

2007-07-24 (Tue) 23:50[ 編集 ]


去年、初めて仕込んでみた自家製の梅酒が(゚Д゚)ウマウマーです。
でもちょーしこいて飲んでたら減って来た・・・_| ̄|○
という訳で来年の為にまた仕込み済み。
梅酒はマリアージュのフラコングラスに移しました(^o^)
先月漬けたプラム酒も美味しく出来ますように。

ついでに余っていた少量のウォッカに
これまた余っていたキウイを投入。
私はキウイは×なのでYUKIに飲ませよう♪



ドライカレーを作るつもりが
トマト缶を入れすぎてフルーティになってしまった。
でも(゚Д゚)ウマー



小さい頃から好きだったママンの味。
ひき肉+ピーマン+にんじん+たまねぎ+しいたけに
お砂糖とお酒とお醤油投入。
これだけでご飯何杯でもいける!

ドライカレーもママンの味も
八穀米にのせたら栄養たっぷりで(゚Д゚)ウマウマー



近所には美味しいパン屋さんが2軒あります。
どちらもアンデルセンやPAULより美味しいのです(マジで)。
こちらは古くからある方のお店で、メロンパンが絶品。
そしてベーコンエピってこんなに美味しいものだったのね、と感動。
もう1軒のお店よりちょっと遠いのがネック。

また蘭蘭。

2007-07-21 (Sat) 23:59[ 編集 ]
池袋に行ったので、"日本一の酢豚"を食べに
お気に入りの中華料理屋さん『蘭蘭』に行きました。



YUKIの好きな海老チリをオーダー。
お腹の空いたYUKIがぱくぱく食べてました。



これが「どっちの料理ショー」に登場した北京風黒酢酢豚。
画像だと真っ黒でよく分からないけど、実物も同じです(笑)
黒酢を煮詰め、酸味が飛んで甘みのあるまろやかなソースに
大きな豚肉と長芋が絡んで、独特の美味しさ。
普通の酢豚も美味しかったけど、これもくせになる味です(^-^)



五目おこげ。うまうまー。お腹、超いっぱいです。
あとお酒を一杯ずつ飲んで、二人で4200円位。安♪

「Cook Do® 飯店炒飯」激しく希望!

2007-07-21 (Sat) 23:30[ 編集 ]
もらってタメせる「モラタメ」さんで、今回は味の素さんから8/20に新発売される
Cook Do® 飯店炒飯」が2000名に当たるのだそうです。
炒飯って、一般の家庭では作るのが難しいですよね。
まず中華料理店の強い火加減が再現できないし、
中華だしを使ってもお店の美味しさまで届かない。
なので、この「Cook Do® 飯店炒飯」を是非試してみたいです。
添付の特製炒め油を使うと、ふっくらぱらぱらに仕上がるそうで
お家でYUKIと美味しい中華料理のお供に食べたいなぁ、って。
お外で食べる中華は美味しいけれど、外食はお金が掛かるので
もしこの「Cook Do® 飯店炒飯」が美味しかったら、
家のキッチンに常備してお家でゆっくり中華ディナーを楽しみたいなと思います。

そんなわけで、是非「Cook Do® 飯店炒飯」を欲しいので
記事にしてトラックバックしてみます。
当たりますように♪

都内で癒されに。

2007-07-17 (Tue) 23:39[ 編集 ]
都内をフラフラしてきました。いえ、ちゃんと目的はあったのですが(笑)
どうも気分がすぐれなくて、癒しを求めて辿り着いたのは・・・。



何故か秋葉原駅構内で朝Beck。
Becker'sって初めて入りましたが、超速提供&
たっぷりバターの染みこんだトーストがウマウマで気に入りました。



四ツ谷は霧雨。



田端駅に鯉がいました



辿り着いたのは、ここ、雑司が谷の鬼子母神様。
表参道の欅の緑が濃くなりました(^-^)



仁王様も苔むして、梅雨だなと。



相変わらず厳かに佇む鬼子母神堂。しばし滞在。



どんなに強く抱き締めていても、もっと強く抱き締めていたい♪
思わず口ずさんでしまう、昼ドラ『麗わしき鬼』の主題歌。
この鬼子母神様の石像も大活躍でした。



境内の駄菓子屋さんが閉まっていたので残念に思っていたら、
近所の音羽家さんが開いてました。



お目当ては、これ。鬼子母神のお土産で有名なススキミミズクです。
ふわふわで可愛くて気に入りました♪
『麗わしき鬼』でも姉妹の愛の象徴として大活躍していました。
でもラストシーン、なんであんな所に座ってたんだろう(笑)



その後池袋西武イルムス館へ。
イッタラが8月から値上げするとの事なので
以前から欲しかったグラスを買いました。
オールドファッションなのですが、つららを模した足が
ちょこんちょこんとついてて可愛い♪
イッタラの「Ultima Thule」と言うシリーズです。
これです→Ultima Thule オールドS



そしてルノートルでパンを。
相変わらずドライイチジク&クリームチーズ入りのうさぎパン、美味しすぎます。
癒し、完了です♪

最近観た映画・・・パイカリとか仮面学園とか。

2007-07-16 (Mon) 23:56[ 編集 ]
最近よく思うのが、映画を好きになる基準が変わってきたなという事。
良作だからといって好きになるわけではないし、
ましてや世間の評価がいいから自分の高いわけでもない。
以前・・・結構前だけど、映画が好きで好きでたまらなくて、
TVで放映しているものはもちろん、毎週映画館に見に行ったり
ビデオを借りまくって感想をノートに綴っている時期があった。
そしてどうなかったかというと、
「自分は何の為に映画を観ているんだろう」・・・そんな疑問が沸いて来てしまって。
映画って楽しむ為に観るもののはず。感想を書く為に、ましてや
感想を書くことでつまらない自己満足感を得てはいないだろうかと。
自己満足でもいいかなとは思うものの、
それで映画を楽しめなかったら元も子もないって話ですよね。
というわけで、映画を観るペースを意図的に減らして楽しむ事に回帰しました。
かれこれもう随分昔の話です。ビデオの時代ですから(笑)

そんな戯言はさておき

最近観た映画の感想を書いておきます。
いやー、尋常でない生活の中で観る映画って本当にいいですね(笑)
本当の癒しになるし、自分の新しい琴線の発見にもなる。
だからこそ、映画を出来の良し悪しで判断せずに
自分の心にダイレクトに響いてくる宝物のような作品を発見できる・・・

あ、戯言続いてますね(笑)
では、感想を。



(1)パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド

映画館で観ました。「呪われた海賊たち」が大好きだった私にとっては
待望の完結作だったはずなのですが・・・なんだかねぇ。
大風呂敷を広げすぎちゃったのかな、ひたすら話の筋を追っていただけの感が。
デッドマンズ・チェスト」では観客をいかに楽しませようかという
サービス精神でてんこもりだったのが、
今作ではストーリーを完結させる為にだけに終始していて、
「マトリックス」3部作の感想と非常に近いものとなってしまっています・・・。
要は、楽しくない。ジョニー・デップのかっこ良さだけが救い。
何より最後、あの二人がああなってしまうのは可哀想すぎるでしょ(;;)
(ネタバレ自粛)
エリザベスがオスカル様並みに強くなってしまうのは私好みではあるけれど、
「呪われた海賊達」からの流れで見ると蛇足でしかないし。
という訳で、満足感は非常に低く残念な続編となりました。がっくし。





(2)レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード

TVで録画したものを観ました。いやー、地デジって綺麗ですね(笑)
何の気なしに観た映画ですが、あまりの萌え作りにぶっとびました。
ギターをかき鳴らす様に銃を繰るアントニオ・バンデラス、
両目をえぐられながらも圧倒的に強いジョニー・デップ。
ひたすら二人をカッコ良くセクシーに撮り続けた萌え映画。
綺麗なお姉さんも二人ほど出てくるけど、 そんなのは足元にも及びません。
冷酷で残虐で、情熱的で耽美的。
男とはかくも美しく官能的であるかとドキドキします。
スタイリッシュなガンアクションもかなり私好み。
そういった萌え的演出部分も含めて突っ込みどころが満載で、
物凄い秀作かと言ったらそうではないけれど、
琴線に響くと言った点で超お気に入りになった映画です。
いやー、素敵ですね。手負いのジョニデ(笑)





(3)PLANET OF THE APES/猿の惑星

これもTVで観たのですが・・・最低_| ̄|○ 内容スカスカ。
リメイクだから旧作と比べるのは当然だけど、
一番大切な命題がごっそりと削られてて 単なる「猿vs人間」になっちゃってます。
「人間は人間同士殺し合う動物。 だから猿は人間から知恵を奪い、支配した」
と、こういう立派な反戦映画だった旧作のメッセージ性が全く無い。
ただ最新のCGとメイクでリメイクしました、とだけ。
ラストもさっぱり、意味不明だし。
なんかねぇ、ストーリーが時代に合わないのかもしれんね。
スピルバーグの「宇宙戦争」でも思ったけど。




(4)仮面学園

DVD買いました☆
大好きな石垣佑磨君のデビュー作。そして藤原竜也初主演作。
うん、佑磨君、若い!初々しくて可愛くて、
藤原竜也演じる心に闇を抱えた少年との対比が素晴らしい!
それにしても、藤原竜也・・・存在自体が奇跡の俳優です。
彼のおかげで、この作品が大好きになりました。
これも完全な良作とは言えないけれど琴線に響いた映画。
DVD、買って良かった~♪以下、レビューサイトに投稿したコピペです。

***

いじめを受けて学校に来られなくなった生徒が
仮面をつける事によってまた学校に来るようになり、
それが恐ろしい殺人事件を呼び起こす事になるお話なのだけど

いじめ問題ものものが描かれているのではなく、
「仮面を被る=個性を匿す」事により暴走する
人間の本質の恐怖が描かれていて背筋が寒くなった。

話が進むに連れて、 仮面を被って学校に来る生徒がだんだんと増えてくる。
そしてそれは「何をやっても自分だと分からない」、
名前も顔も分からない匿名性の中で集団化して凶暴化していく。
仮面を被った者達が集団で一人の人間を攻撃する、
仮面を被った自分達の存在を社会にアピールする・・・。

これは今社会問題になっているネットの問題そっくりだな、と。

この映画が公開されたのは2000年で、
その頃は今ほどネットの匿名性は問題になってなかったはず。
今見ると丁度タイムリーで、 昔見た人も今見ると違う感想を感じるかも。
そういう意味でとても興味を引かれる題材だった。

しかし、この問題提起をしたにも関わらず
「仮面を被ろうとする人間は親子関係に問題があった」
と言うだけで何の解決策も導き出そうとしていないのは確か。
殺人事件を解決しただけで、仮面を被る人間達の
心の闇を深く描き出しているわけじゃない。

そんな中で、二重人格の青年を演じた藤原竜也の、
これまでの暁の人生を想像させるような繊細な演技、
役柄への深い考察、それを表現する力というのは
端正なルックスを併せ持つ事を考えると正に奇跡だと言える。
彼が出演していなかったら、きっとこれは超駄作だったと(^-^;)

ちなみに私がこのDVDを買ったのは、
大好きな石垣佑磨君が出演していたからなのだけど
彼はいかにも新人という感じの初々しい雰囲気で素敵。

他にも、娘を虐待した挙句に仮面療法で仮面を被った娘を
ファッションモデルとして利用するデザイナーを演じた麿赤兒さん、
そしてその娘を演じた栗山千明の存在感が素晴らしかった。

それと、クライマックスのファッションショーのシーンで
私の大好きな2000年頃のハードトランスが
効果的に使われていたのが私が気に入った要因かな。

逆に導入部は超つまらなくて、だから日本映画は面白くないって言われるんだよ、と。
もう少し長めに時間を取って、物語に引きこむような
魅力あるオープニングが作れないものかと。

それでもDVDを買って良かったなと思うほど、この作品、好き。
映画の作りは×でも、役者さんの魅力でこれだけ愛せる作品が
あった事に自分自身驚いている。

週末に焼肉。

2007-07-13 (Fri) 23:16[ 編集 ]
私はしゃぶしゃぶ派なので焼肉はあまり食べないのですが
今日はパワーが欲しいっちゅー事で焼肉屋を所望。
焼肉大好きのYUKI坊は大喜びなんですけどね。
近所に美味しそうなお店があったので行ってみました。



YUKIはお肉だけでいい派、私はご飯も野菜も欲しい派。



カルビが燃えた!



美味しかったです♪
一皿プラスして、チャージ完了。安上がりな二人です(笑)

とある休日。

2007-07-07 (Sat) 23:57[ 編集 ]


TVCMで気になっていたマックフルーリー。
YUKI坊がマック好きなのでマックにはたまに行くのですが、
私はモス派なのであまりマック行きたくないんですよね(苦笑)
でもマックフルーリーは気に入った♪カロリーが心配だけど_| ̄|○



NEWS DELIで五穀米カレーを食べたりして。ほのぼのです。

中国家常菜『蘭蘭』西池袋

2007-07-06 (Fri) 23:03[ 編集 ]


こじんまりとした中華料理店に入る時って結構勇気がいりますよね。
でも同じ西池袋の「楼蘭」といい、ここといい、入って大正解でした。



酢豚定食を食べました。美味しかったです!
ボリュームもたっぷりだし、酸味も丁度いいしお肉もほどよい柔らかさ。
今検索して知ったのですが、ここは黒酢酢豚があの
「どっちの料理ショー」で「日本一の酢豚」に認定された名店だそうです。
私の食べたのは黒酢酢豚ではなかったですが、通りで美味しいわけですね。

 

友人が食べていた冷やし中華。写真撮らせてくれてありがとう(^o^)

 

回鍋肉。とてもニンニクがきいていてピリッと辛かったです。
美味しかったけど、この後入念に歯磨きしました(笑)

公式HP:「中国家常菜 蘭蘭

ワッフルとか、パンとか。

2007-07-03 (Tue) 20:24[ 編集 ]
美味しいもの備忘録です。

 

アンリ・シャルパンティエのシューアラクレーム、
池袋西武デパ地下で購入。7/2
持って帰ってくる間にクリームが飛び出ました_| ̄|○

 

コロンバンの苺ワッフル。赤羽駅で購入。7/4
ワッフルはフワフワしていました。





近所の美味しいパン屋さん。お惣菜パンも美味しい(T-T) 7/9 7/14
最近のお気に入りはパン・ド・ミ。4枚に切ってもらってます。
それと私の好きなオリーブのパンが姿を消したので
店員さんに催促してしまいました(笑)買いに行かなきゃ。

インドキュイジーヌ『GARA』西池袋

2007-07-02 (Mon) 23:45[ 編集 ]



フラフラ歩いていたらカレー屋さんを発見。
コックさんはインド人の方で、手軽に本格カレーを食べられるとの事。
ナンとご飯のついた野菜たっぷりのスープカレープレートを食べてみたのですが、
カレーもさる事ながら、焼きたてのナンがモチモチで美味しい!!
ちなみにカレーはスパイシーで辛く、結構な時間胃がポカポカしてました。

注:スープカレーを食べるときはハネに注意しましょう(ToT)

ぐるなび:「GARA 西池袋

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。