スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所に都内の有名店が

2008-08-29 (Fri) 21:22[ 編集 ]


あるんですけど、結構微妙なんですよね。
だって近所じゃ外食なるべくしたくないですもん。
お金掛けて食べるならちゃんとデートしたいですもん☆

というわけで足を運んでなかったカレーのお店。
行ってみました。
食べたのは定番のキーマカレー。

・・・美味しい!!
カレーもスパイシーで美味しいのですけど、ナンが絶品!
サクサクで中はフワっと。
カレーを付けなくも単品でガンガン食べちゃいます。

ということで、また機会があったら行ってみようと思うのでした。
お店の名前は近所なので割愛です(^-^;)
 
スポンサーサイト

皇居外苑とか、丸の内とか。

2008-08-27 (Wed) 23:18[ 編集 ]


雷雨ばかりが続く毎日。なぜか今日突然晴れました(@_@)
そして、目の前にはなぜか皇居!江戸城跡!!



振り返ると高層ビル。



東京タワーも見えます。



桜田二重櫓。大河ドラマを見ているよう♪



正門と二重橋。



白鳥がいました。
「ルドンの黙示」のマレアを思い出しました・・・



桜田門。安政の大獄です、井伊直弼です。
同じく「ルドン」のマリアを思い出しました・・・



国会議事堂が見えます。黒い鳥は「鵜」でしょうか?



仲通りに行って、Jean-Paul GAULTIERのフラッグショップへ。
すげー!!カッコいいーー!!
相変わらずアヴァンギャルドでパンキッシュです。
でもインポートなので、お値段が・・・。
革のジャケット100万とか、ねぇ(T-T)



新東京ビルヂングの地下で、良さげなビストロ発見。
「ヴァンピックル」という、ワインと豚のお店みたいです。
カウンターに座ると、目の前に捌く前の大きな豚が・・・
(リアルすぎるので画像は自粛(-_-;))



食べたのは、ブロッコリーとアンチョビのキッシュランチ。
そんなに大きくないのに半分でおなかいっぱい。



コーヒー、深煎りで美味しい♪
キッシュがあまりに美味しかったので本当はワインが飲みたかった(笑)



東京駅です。帰ります。



丸ビル・新丸ビルがそびえてます。ビルフェチにはたまりません。
皇居外苑もあるので、緑フェチも満たせていいトコです、丸の内。
 

フランス田舎料理「ビストロ・ダルブル カスレ」/新宿ルミネ1

2008-08-24 (Sun) 23:45[ 編集 ]




観劇のあとは美味しいお料理・・・ということで
新宿ルミネで看板が目に付いたビストロに入ってみました♪
物語の話、素敵な俳優さんの話をしながらのディナー。
夢さめやらぬ、です(^-^)

お店は「ビストロ・ダルブル カスレ」。
カスレというのはフランスの田舎料理で、
白いんげん豆と鴨肉などを煮込んだもののことだそう。
ソースがスパイシーで鴨は皮がパリパリ。ソーセージも美味しい!
最近、こういうお料理が好きなんです。
量はいらないけど、フランスの郷土料理をシャンパンでチビチビと(^-^b)
サラダはシーザーなのでフレンチじゃありませんけどね(笑)
(シーザーはにんにくがきいてて味が濃くて美味しかったです☆)



マンゴーアイス&コーヒーもオーダー。
お値段的には一人4000円くらいでビストロとしては普通なのだけど
場所がルミネの中にあるので、客層的に落ち着けなくてそこが難点。
隣の席の人は何回も携帯で電話してるし、異様に煩い人もいるし・・・。
せっかくお料理が美味しいのにとても残念でした。
 

いろいろ。

2008-08-08 (Fri) 23:18[ 編集 ]


エシレバターって美味しいですね♪なめらかでさわやか。
新宿の成城石井で買いました。0719



YUKIが好きなので、たまーーーにマクドナルドに行きます。0808
私が外で夕食をとるときは、YUKIは一人でマックに行ってます。
ディナークルーズのときもそうでした。YUKI、ごめん 笑

また静岡なんだけど、

2008-08-03 (Sun) 23:45[ 編集 ]
ちょっと体調が悪くて辛かったり(-_-;)



一日目の夜は、富士川町の「女車」。魚介や串焼きが美味しい居酒屋です。
もう何回かお世話になってます。



二日目は富士宮市の「あずま」。
料理は美味しいのだけど、とにかく体調が・・・。
でもしっかり食べました 笑 その後、3日間くらい家で死亡してました。










 

永遠のベルサイユのばら展

2008-08-01 (Fri) 23:04[ 編集 ]
日本橋三越で開催されていた「永遠のベルサイユのばら展」に行って来ました。
池田理代子先生の漫画は、私の原点。人はまず親から教育を受け、
次に異なる価値観を別の人から受けて成長するのだと思いますが
私の場合はそれが理代子先生の漫画。
特に「ベルサイユのばら」からは価値観や美的感覚など、
今ある私の感性すべてを培われたように思います。

その理代子先生の原画展・・・素晴らしかったです!
繊細で華麗なペンのタッチはまさに芸術的。
沢山の原画をじっくり隅々まで見ながら歩いたのですが、
途中感涙しそうになって困りました(笑)
私はリアルタイム読者ではないのでたまにオークションで当時の掲載雑誌を
買うこともあるのですが、画力や物語の構成力は当時ではダントツです。
あらためて原画展を見て、私を感動させてくれた理代子先生に大感謝。
既に世界中で愛されてるこの作品ですが、
きっとこれからもずっと母から子へと読み継がれるのでしょう。
そのうち理代子先生の博物館も出来ますように☆



 
Amazon:永遠の「ベルサイユのばら」
 

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。