スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『頭文字D』2005/香港

2005-09-25 (Sun) 01:07[ 編集 ]
 

 
観ましたーーー!!!面白かったです!!あの原作をどこまで再現してくれるのか、また映画として面白いものになっているのかとても楽しみにしていたのですが、どちらも満点に近い仕上がりになっていました。ただし、原作を知ってるとどうしても比較してしまう部分もアリアリですが(笑)以下ネタバレあります、ご注意を。

まずは映像が素晴らしい。ドリテクの忠実な再現、スピード感溢れるバトルシーン。CGは一切使わずにあの走行ラインを描けるとは^^;結果は分かっていてもドキドキします。群馬県出身の私にとっては、ロケ地が榛名だったのも嬉しかったです。でも榛名って数えるほどしか行ってないので、言われなければ榛名と分からないのですが^^;赤城や日光、妙義はよく攻めドライブに行ったので大好きなのですけどね。やはり1時間半程度の映画化となると、榛名以外のコースは出てこなかったです、残念。
んで、設定は全て日本なのですが主要キャストが鈴木杏以外みんな日本人ではなかったので、そこはかとなく日本ぽくなかったのがちょっと面白かったです。樹くんなんて、もう絶対日本人じゃないですよ(爆)仕草とか、行動とか。まんま香港映画です。ゲ○吐きとか泡吹きとか、日本人が作る映画だったらああはならないですよね。樹くんが大活躍したおかげで、池谷先輩の影が薄かったです(泣)池谷先輩役は「ホーリーランド」で柔道家・岩戸を演じていた植木紀世彦さんだったのですが、なぜにアフロ(笑)んで、かっこ良かったのは中里毅!!高橋涼介もいい雰囲気だったし、須藤京一もいい。原作とはキャラの位置づけが違ったりするのですが、よくまとまっていたと思います。それと忘れちゃいけないのが藤原拓海の父・文太。最初はただの飲んだくれでしょーもない感じだったのですが、語りだしたらカッコいい!なんですかね、YUKIパパを思い出しました(爆)YUKIパパもかつて86乗りで、A級ライセンス保持者。飲んだくれてゴロゴロはしていないですけどね(笑)でもあの文太の男っぷりは被ります。イイ(・∀・)!でも高橋啓介が出てこなかったのは寂しいな・・・ああいう直情的なキャラ好きなのですよ。肝心の拓海は・・・演技はいい感じですが、やっぱり日本人が良かったな。個人的にルックスは日本人が一番好きなので(ファンの方ごめんなさい)。
んで。原作を読んでいる者として、一つだけ気になる事がありました。拓海がランエボとバトルしてエンジンブローするくだり・・・原作では、なつきの援交発覚→拓海の心が乱れてそのままバトル→86エンジンブローだったのですが、この映画ではエンジンブロー→なつきの援交発覚→ランエボ・FCとのバトルでして、なつきとの仲が修復なしにジ・エンド。エエエエ(´Д`)エエエエって感じです_| ̄|○ 拓海がカーーッとなってバトルしてエンジンブローする、その微妙な気持ちの交錯具合がランエボとのバトルをスリリングにし、拓海の涙の意味が複雑になるのですよね。ここは原作通り、拓海の成長物語も重視して欲しかったな。
こういう事があるから、原作を知らずに映画を観た方が楽しいのですよね(苦笑)何もかも原作通りにするなんて無理があるので、映画は映画として最大限に面白く作ってもらえればいいと思います。
ということで、細かい事を気にしなければこれは超オススメ。面白かったです(^^)

「頭文字D」オフィシャルサイト

頭文字(イニシャル)D (1)

講談社

このアイテムの詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

トラックバックとうも≦(._.)≧ ペコ
今しこしこ漫画読んでます、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)
今、9巻ですけどメチャクチャハマりますね!

こんにちは(^^)

sugerさん、コメント&TBありがとうございました。
はまりますよね~!私もかなりはまってました。
でも家族のを借りて読んでましたので、途中からは読んでないのです・・・
久々に読みたくなってきました~

TBありがとうございます♪

原作は読んだことがなかったのですが、
映画の迫力にすっかり引き込まれました(^o^)

こんにちは(^^)

奈緒子と次郎さん、ご訪問ありがとうございました。
映画として素晴らしい出来でしたよね(^^)
原作を読んでいると、思い入れが足かせになって楽しめない人も多いようですが
私は映画としてよく出来てるので好きです~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/13-bd4017cc

『頭文字(イニシャル)D THE MOVIE <字幕版>』

監督、アンドリュー=ラウ、アラン=マック。2005年香港。マンガ実写版映画。原作

「頭文字D THE MOVIE」

 ヤマハホール「頭文字<イニシャル>D THE MOVIE」試写会。  原作コミックに魅了された「インファナル・アフェア」シリーズの監督、アンドリュー・ラウ&アラン・マック監督を筆頭に、プロデューサー、脚本、音楽チームまでスタッフ・キャストが再集結して、日本の匁「頭.

今月の映画「頭文字D」

今月ご紹介する映画は「頭文字D」、香港映画です。日本の人気コミックが映画化されたもので、「頭文字D」と言えば86と枕言葉が付くほど有名になってます。コレだけ有名なのに、実はコミック読んだりアニメ観たりしたことが無かったんですよね(笑)。でもまぁ、この三連

頭文字[イニシャル]D THE MOVIE

一ツ橋ホールでの試写会に行ってきた。 この映画、原作は日本のマンガの香港映画で、舞台は日本、キャストは台湾と香港と日本。 なるほど、小さな子供から、原作好きと思われる男性に、華流好きと思われる20代女性もいて、特に、こんなに多い (半数近く) 男性客を見るのは

「頭文字(イニシャル)D」

「頭文字(イニシャル)D」吹き替え版 ヤマハホールで鑑賞香港映画。なんとも奇妙な映画でした。香港のこの後を背負うヤングスターたちが勢ぞろいして、日本の人気コミックを実写映画化。は納得。舞台は日本、名前も日本名。群馬県。榛名山中、劇中では秋名山。で、当然日

頭文字D 「INITIAL D」

香港映画ならではの迫力の峠シーンに、日本映画の明日を想う  ★★★  58点2005/09/17公開 ジャンル : アクション製作年 : 2005年製作国 : 香港配給 : ギャガ・コミュニケーションズ 監督 : アンドリュー・ラウ、アラン・マック原作 :...

頭文字D THE MOVIE

観たい!と思いながらもなかなか行く暇がなかったのですが、国勢調査も一段落したので(明日からまた回収ですけど)、今日観に行ってきました。Yahoo!の映画評や映画生活のランキングをみるといまひとつなんですよね。どうして!?最初に言っちゃいます。すっごく面白

頭文字D THE MOVIE

頭文字D、見てきました。もう、映像の迫力がすごかったです!「すっげ~! ほんまにこんなことできんねや!」っていう感動(?)がありました。バトルシーンなんか、もうずっと「すげ~ すげ~!」って言っ

頭文字D

新宿であと1本映画を見ようとチケット大黒屋に行ったところ、頭文字Dが700円だっ

『頭文字D』

 やっと観た。月曜日からなんだか体調が良くなくて、昨日も早退したりしてうだうだしてたんだけど、せっかくこの映画を観るために最後の夏休みを水曜日にしたんだし、という事で新宿歌舞伎町まで行きましたよ。だって字幕版が新宿と銀座と。。。と数えるほどしかやってない

凄いぜ、高橋レーシング! / 「頭文字D the movie」

 緊急事態により、鑑賞を取りやめざるを得ない状況に追い込まれた際、非常に親切な対応をしてくれた上、無駄払いになる筈だったチケットを快く引き替えてくれたワーナーマイカル様(感謝!)の無料鑑賞券の最終期限日が来てしまい、何かしら見ないと勿体ないと言う事で「頭.

日本をこういう視点で撮るのは実に新鮮だ。つーことで☆☆☆☆ 『頭文字D THE MOVIE~新たなる下り最速の伝説~』

ネタバレややあり。ご了承ください。また、原作は読んでないので、あくまでもこの映画のみの感想です。これは、日本語吹き替えでも問題なし!香港映画、華流、というカテゴリを軽く飛び越えた絶品でしょう。「頭文字D」という漫画ならご存

アニメ版の方が迫力があった◆『頭文字(イニシャル)D THE MOVIE』

9月21日(水) TOHOシネマズ岐阜にて私が『頭文字(イニシャル)D』の世界を初めて知ったのは、2001年1月に劇場公開されたアニメ版を観に行った時だった。全く興味がなかった私は、半ば強引にその映画に連れて行かれたのだが、それは素直に「面白い!」と思える作品だっ...

頭文字D THE MOVIEに見えるもの

頭文字D。コミックも好きだし、以前フジテレビ系列で放映していた走行シーンにCGを使った独特の映像も好きだ。俺も「走り屋」の端くれだし(ほんとかよ?)アツイものを頭文字Dに感じている(核爆)俺もいい年なんだが。日本のサブカルチャーを代表する作品だと思う。で

頭文字(イニシャル)D THE MOVIE ジェイ・チョウ 鈴木杏 エディソン・チャン ショーン・ユー アンソニー・ウォン出演 しげの秀一 原作☆香港映画

頭文字(イニシャル)D THE MOVIE しげの秀一 原作 ジェイ・チョウ 鈴木杏 エディソン・チャン ショーン・ユー アンソニー・ウォン出演 アンドリュー・ラウ アラン・マック監督 ☆2005年香港映画!字幕で、鑑賞しましたが!・・・鈴木杏は、吹替えで・・・゜( O

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。