スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN』/2005

2005-09-25 (Sun) 03:23[ 編集 ]
 

 
日本が世界に誇れる最先端の文化を一つ挙げろと言われたら、間違いなくゲームを推します。とはいえ、コアなゲーマーでは無いのですけどね^^;昔と違って時間がないので、ここ数年はプレイしてないです。昔プレイしたのはDQ1・2、5~7、FF4~8。あとシリーズ物ではないRPGを4~5個程度。その中で好きだったのはFF7と8だったので、今回のムービーはとても楽しみにしていました。
最初に注意しなければならないのは、ゲームをプレイしてないと面白くないかもという事^^;元々クリアするのに20時間くらいかかるお話なので、ゲームの続きとして見ないとムービーの世界に入り込みにくいし登場人物への感情移入もしにくいです。逆に、ゲームをプレイした人にとっては嬉しい代物ですよ(^^)ゲームが長いだけに、1時間半のムービーはともすると「薄っぺらい」と捉えられがちな恐れもありますが、私は好きです。だってクラウドがすっっっごくカッコいいんだもん!!あの顎の細さがツボですね。萌え~(ああ、言っちゃった(笑))バレットはハリウッド俳優みたいでカッコいい!女性たちも可愛いし、ヴィンセントもセフィロスも悪役の皆さんもみんなすごく綺麗でCGの持つ可能性や良さを最大限に生かした素晴らしい作品に仕上がってます。思うのは、2001年に製作された映画「 FINAL FANTASY 」もこういう作り方をすれば良かったのにと。毛穴やそばかすがリアルな人間をCGで描くより、実写を超越した架空の魅力を持つ人間を描いた方がCGの持つ良さを活かせると思うのです。
んで、特にバハムート戦が圧巻でした!もはや人を超えた脅威の戦闘力を持つクラウド始め仲間達。ゲームをプレイしているとき、実はこんな風に戦っていたんだなと。バハムートも素晴らしいデザインです。ゲームでのキャラが一同に集まったときも、おおっ!おおっ!の連続でした(笑)細かい演出も楽しかったです。ティファの戦闘シーンでは御馴染みの音楽が流れてたり、戦闘が終わった後に「あの音」がしてると思ったら携帯の着メロだったり。いろいろリンクしてて楽しいです♪
んでスーファミ時代からFFをプレイしている人間としては、召還すると戦っているキャラクター達がパッと消えてバハムートの絵が出てガガガーッみたいな画面でもかっこいいと思ったのに、ついに映像がここまで来たかと。そう言えば昔、FF7のデモを見たときにリヴァイアサンの召還シーンを見て「召還獣が動いてるー!!」と大感動したっけなぁ・・・こういう感動が味わえるのもとても嬉しいですね。(でも実はリヴァイアサンは取り忘れて出会えなかったんですけどね(爆))そして忘れてはいけないのが、街や乗り物・武器などのデザイン。その細かさやリアルさを見るにつけ、本当に沢山の人たちが製作に関わっているんだなと感心させられます。皆さんいい仕事してらっしゃいますよ!ゲームをプレイしていない人でも、映像美の素晴らしさを見て欲しいなと思います。
蛇足ですが・・・セフィロスのテーマを聴くと必ず「田代」が思い浮かぶ私って_| ̄|○

「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」オフィシャルサイト

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (初回限定豪華パッケージ仕様)

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/14-fee81f6b

FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN

先日2ヶ月遅れの誕生日プレゼントでもらった「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」。PS版FF7から2年後。ミッドガルでは「星痕症候群」と呼ばれる治療法の見つからない病気がはやりだす。 そして、ジェノバを「母」と呼ぶ新たな敵が現れる。

FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN

前々から、記事にしようと思ったんだけど…見ましたよ(*^▽^*)FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN ??個人的な感想だと…、FINAL FANTASY VII のプレイしたのが自分が高校生だった時だから、ちゃんとストーリーを覚えてないのが現状…。Feeling で見た

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。