スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦国自衛隊・関ヶ原の戦い』第一部

2006-01-31 (Tue) 23:45[ 編集 ]
いやー、面白かったです!最近の私の時代劇熱、そして藤原竜也に対する期待感を一気に満足させてくれました。
お話はタイトルの通り、戦国時代に自衛隊がタイムスリップして関ヶ原で戦うわけなのですが(笑)自衛隊と既存の歴史の絡み具合が面白いです。関ヶ原の戦いのキーマンとなった大名・小早川秀秋(藤原竜也)の行動の過程に、徳川家康や石田三成の自衛隊引き入れ作戦があったとは(笑)昔の人がヘリコプターなんか見たら総パニックかと思ったのですが、そこは天下を取ろうと試みる武将達ですね。自衛隊に挑むは味方につけようとするは。秀秋に至ってはバイクを乗り回して大喜び、銃を向けられても高笑い。大物です。その大物っぷりを演じたのが藤原竜也なのですが、この人は若手俳優の中では明らかに別格。見た目が可愛すぎてアイドルと間違える方もいるかも知れませんが、もう声だけ聞いていても存在感が半端じゃないです。このルックスと演技力は奇跡ではないかと。普通、どっちか欠けるでしょうと(^-^;) なので映画『デスノート』で彼が月役に抜擢されたことは心の底から嬉しいですね。戦国の武将として生きなければならない秀秋の苦悩の様を演じ切ったように、歪んで正義感を持ちながらも純粋な月、そして記憶を無くした対極の正義感に溢れる月にスクリーンの中で彼は変身するのだと思います。
・・・話を戻しましょう(^-^;) 藤原竜也の良さはさておき、ちょっと気になったのは他の方々の台詞回し。家康・三成は良いです。違和感があったのは、主演の反町隆史と戦国時代の庶民の方々。現代劇と時代劇の喋りをなるべく融合させて統一感のあるドラマに仕立てるのは難しいのかもしれませんが、庶民の方々は描写が中途半端すぎて生活感も見出せないし生命感もありません。エキストラでも息吹は感じさせてくれないと。って多分これは役者ではなく脚本のせいですかね。反町隆史は何だか郷に入らずんば的に口調が時代劇化していくのが気になりました(^-^;) でもまあ私的に気になったのはそれくらいでしょうか。これからたくさん時代劇を見るようになると時代考証や人物設定に文句言ったりするのでしょうけど(笑)まだまだ「この話ではどんな家康が描かれるのだろう。この人はどんな家康を演じるんだろう」そんな程度でワクワク出来る初心者レベルです。
んでこのお話はまだ第一部で来週に続くわけなのですが、分裂してしまった自衛隊とクライマックスと思われる関ヶ原の戦いで、個々の登場人物がどんな生き様を見せてくれるのか楽しみですね。自衛隊員では圧倒的に渡部篤郎に注目です。余命僅かにして歴史的に敗者と分かっている三成軍に赴く。その命をギリギリまで燃やす役どころを彼なら上手く演じてくれるでしょう。

しかしTV面白すぎです。時間的に厳しいので連続ドラマも削ろうと思っていたのに逆に増える始末(>_<) そして感想まで気合を入れて書いたりして、自分大丈夫かって感じですorz

→「戦国自衛隊・関ヶ原の戦い」公式ページ←

続戦国自衛隊(1)関ヶ原死闘編

世界文化社

このアイテムの詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

今日になってやっとこ、お鍋をつつきながら、
ビデオにとっていた戦国自衛隊を見てました。途中まで。
面白いです~が、食べ終わると私は仕事部屋に
移動するので、藤原君が出てきたあたりまでしか
見られません。
あとでじっくり見ますが、よくできてると思いますね~
フジでやった、草薙くんの「猿と呼ばれた男」なんかより
ぜんぜん安っぽくないです。(ネタが古いか!)

息子が言ってましたが、小早川秀秋は、最後には鬱に陥って
自殺してしまうそうですね。
両軍の間に挟まって苦悩する、というシチュエーション
なんでしょうか?

まずは、息子の歴史の教科書の年表くらいは見ておかんと、
すっかり史実を忘れちゃっててあかんですわ。
というわけで、いずれ最後まで見たら、
感想を入れますわん。

最近の歴史ドラマ、たしかにあなどれませ~~ん。
昔はNHKの大河ドラマを、
毎年家族で楽しみに見ていたんですよね。
平家物語のさわりを暗唱できていたのも、
大河ドラマのおかげでした。最近はなぜか見る気にならない
んですけどねえ。
また見ようかなっと。
れいさんも、おすすめされてるし。

ああ、忙しいですよねえ~面白いものが多くって。
ね、れいさん。
色付きの文字e-435e-337e-362

意味なく絵文字を入れてみる・・

あ、カラーはそういうことね。色付きの文字
v-12v-15

遊んでしまった・・・

すいましえん。文字を色付きにするのをまちがったにゃ。

こんばんわ~(^o^)
息子さん、三国志だけでなく日本史にも詳しいのですね。
それとも現役の学生さんだからかな(^-^;)
なんでも小早川秀秋は、彼の裏切りによって自害した大谷吉継に祟られて発狂したなんて噂もあったそうです。
こういうエピソードも来週の第2部で描かれるのですかね。楽しみです(^-^)

大河は面白いですね。
初めて見てるのですが、何で今まで見なかったのだろうと。
「独眼竜正宗」の評判がいいので見たいです(>_<)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/160-eaf3510d

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。