スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国茶が届きました(3)茉莉綉球/福建省福州産

2006-05-26 (Fri) 14:54[ 編集 ]
最後のお茶は癒し効果の高い「茉莉綉球」(福建省福州産)、いわゆるジャスミンティーです。
茶葉の中にジャスミンのつぼみを入れ、そのまま開花させて香りを移すのだそうです。
なんとも幻想的で美しいお話ですよね(^-^)

恒福茶具HP&同封のパンフレットより)
茉莉綉球はお茶の味とジャスミンの花の香りが一体と成って絶妙に溶け合い、すばらしいハーモニーを作り出しています。その芳しい特有の香りはポエムのようなお茶と称されています。
封を切って香りを嗅ぐだけでそのやさしい香りに酔うようで、飲まなくとも癒される気分を味わえます。缶入りのジャスミン茶しか飲んだ事のない方、ジャスミン茶のイメージが変ってしまう事請け合いです。
茶葉は新芽の穂先の部分のみ。手摘みの一芯ニ葉のみを使用していますので味も香りも断然違います。

♪飲んでみました♪



なんともオリエンタルでエキゾチックな香り。
上品で柔らかみのあるほどよい香りが漂って、神秘的な雰囲気を醸しだしています。
茶葉をコロコロと丸めたその姿も実に可愛らしく、
湯の中で広がる姿を想像すると、お茶を飲むのが本当に楽しく思えますよね。



新芽の優しい茶葉の味とジャスミンの上品な香りが口の中で調和して、
ほのかな酔いを覚えるほど。
味わうごとに、優雅な時間を過ごせます(^-^) 正に癒しのお茶ですね。



アイスには最高の芳香です!ジャスミンの香りで浄化されるような清涼感。
まさに夏向きで、今までに飲んだどのジャスミンティーよりも上品です。



出がらしを見ると、新芽の穂先だけを使っていることがちゃんと分かります(^-^)
可愛いです。捨てるのが勿体無い(>_<)
美味しいお茶を飲ませてくれてありがとう、と言いながらサヨナラします(笑)

以上で、3種類のお茶の紹介が終わります。
後日、苦丁茶と青茶のブレンドを試してみたらまた記事にしようと思っています(^-^)


こちらで購入できます♪
香り高い感動の味わいの中国茶
中国茶と中国茶器の専門店「恒福茶具」


【関連記事】
中国茶が届きました(序章)中国茶GET!
中国茶が届きました(1)苦丁茶(一葉茶)
中国茶が届きました(2)桂花烏龍茶/福建省産
中国茶が届きました(3)茉莉綉球/福建省福州産
スポンサーサイト

コメント

どれもいい香りが漂ってきそう~~
優雅な気持ちになれますよねえ~

ジャスミンテイを相方が沖縄で、「さんぴん茶」
というんだといって、茶葉を買ってきましたが、
まだ開けずにとってあります。
早く開けれ!!

最近は、ジャスミンテイを常飲してますね。
すっきりしてて、香りが好きなんです~
うちの近くの東急に「レピシエ」だっけ?
専門店が入ってます。
こんど同じのを探してみようかしらん。

あ。香港土産にいただいた、「ライチ茶」が
ほんのりあま~くて大好きでしたよ~。

さんぴん茶

こんにちは~(^o^)
ジャスミンティーとさんぴん茶って何が違うのかと思ったら
まるっきり同じものだったのですね(^-^;)
そう言えば私の飲んださんぴん茶も福建省からの輸入物でした。
美味しいので飲んでみてくださいませ(^-^)

レピシエは「ルピシア」に名前が変更になりましたよね。
最近全然行ってないです。
レピシエのライチ茶は美味しいですよね~。
フレーバー物は、メーカーによって味のクォリティーが全然違うので、美味しくないお茶に当たってしまったときはショックです_| ̄|○

>レピシエは「ルピシア」に名前が変更になりましたよね。

ええ?そうなんだ?最近行ってなかったからな~
そのマイナーチェンジはいったい何?
変なの!
「レピシエ」はお使いものによく利用していました。
もらってもうれしいものね~

テイエという会社が展開していた二つのブランド、紅茶の「レピシエ」と中国茶・日本茶の「緑碧茶園(るーぴーちゃえん)」が一つのブランドに統合したのです。
完全な造語なので知らない人は意味が分からないですよね(笑)
レピシエのお茶は安価な割りに質が良いので好きです。
キムタクも赤ちゃんの内祝いにここのお茶を選んだそうですよ(^-^)

ジャスミン茶

そうか、アイスでもいいんですね!
今度さっそくやってみます。
それにしても「さんぴん茶=ジャスミン茶」、私も初めて知りました。びっくりです(いや、そういわれれば確かに・・・ですよね)。

いらっしゃいませ(^o^)

わださん、ご訪問ありがとうございました。
アイス美味しいですよ!
ホットで飲むにはちょっと時間が長かったかななんてときにもぴったりです。

我が家はほとんど飲み尽くしてしまいました~。
あとは「にがにが茶」(苦丁茶のことをこう呼んでいます)の砕けたのが残るのみです・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/294-71c7d764

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。