スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャルドラマ/恋愛小説『十八の夏』

2006-07-18 (Tue) 00:01[ 編集 ]
十八の夏

豊川悦司監督、観月ありさ・石垣佑磨主演のドラマを観ました。ノスタルジックで切ないお話。佑磨君が自分の年より若い10代の少年を演じていて、純粋でひたむきなあの年齢特有の澄んだ瞳をよく表現していたなと思います(やっぱり彼は目がいいです、ハイ)
思うにこれって、特殊な人の話のようでいて実は女性の多くが心に突き刺さるものがあるのではないでしょうか。人に言えない恋をして苦しさのあまり人を傷つけてしまったことはありませんか?佑磨君のように穢れのないまっすぐな瞳に安息を求めてしまったことはありませんか?その瞳を悲しみに濡らしてしまったことに後悔したことはありませんか・・・?そんなに泣かせないで下さいよ佑磨君。誰にだって開けたくない心の引き出しがあるのですから・・・。
何はともあれ、初めて本格的な恋愛ドラマを演じた佑磨君(「ラヴァーズ・キス」は対男なので例外という事で(笑))。今回は年上の女性をひたむきに愛する少年の姿を切なく演じていましたが、そのうち恋愛経験も増えて大人の恋愛を上手に演じるようになるかと思うと、楽しみであると同時に寂しくもあり(^-^;) 次回作の映画もラブストーリーのようですので、そちらも大分気になります。映画館で観ますとも、ええ。

石垣佑磨 出演作品
スペシャルドラマ『恋愛小説』公式ページ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/346-a598d69f

ドラマレビュー 恋愛小説

小説を原作にしたTBSのオムニバスドラマ「恋愛小説」を見ました。「デューク」は、愛犬のデュークが死んでしまって悲しんでいるところに、男性が現れていろいろとオムライス食べたり、スケートやったり、落語を見たりしてついて回っているうちに、その男性がデュークだった

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。