スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pete Burns Unspun

2006-12-22 (Fri) 02:03[ 編集 ]
私のブログのタイトル「SOPHISTICATED BOOM BOOM」。
ピンとくる方ももしかしたらいるかも知れないですが、
80年代ユーロビートを代表するイギリスのグループ
「Dead or Alive」のデビューアルバムから勝手に拝借した物です。
(日本盤では「美醜の館」というタイトルがついてます)



ヴォーカルのピート・バーンズと言えば、
やはり当時を代表する人気グループ「カルチャー・クラブ」の
ボーイ・ジョージと並んで、中性的な魅力のある男性ボーカリストとして
日英でカリスマ的な人気を誇っていました。
しかし私がボーイ・ジョージではなくピートに惹かれた理由は、
音楽・ヴィジュアル共に攻撃的でアグレッシヴ、
そしてルックスは中性的なのに非常に男性的魅力を感じた事にあります。
ソフトなボーイ・ジョージのルックスと音楽よりも、
激しく聴き手の心に踏み込んでくるピートの方が私にとっては遥かに魅力的でした。
(黒夢の清春が、やはりボーイ・ジョージではなくピート・バーンズが
好きだと言っていました。気持ち、よく分かります)

デッド・オア・アライヴの曲で有名なのは
「You Spin Me Round」1985年リリース。

多分、聞いた事がある方は多いと思います。名曲ですよね。

そして私がDOAを愛するきっかけになった曲がこれ。
「I'll Save You All My Kisses」

美しい曲です。上半身と下半身の落差が素晴らしいです(笑)

非常に美しい曲「Your Sweetness is Your Weakness」。
何故、牛?(^-^;)


↑の収録されたアルバムがリリースされる前のコンサートに行きました。
(東京ドームのディスコ・イン・ドリームにも行きました)
その頃のピート。美しすぎます



あれ?方向性が変わってきた?と思い始めた頃。
1995「Revel Revel」デヴィッド・ボウイのカバーです。


「You Spin Me Round 2003」。
もうすっかり出来上がってますが、歌声は素晴らしいです。


ピートの外見が変わって行ったのは年齢のせいもあるのかなと思っていました。
年齢に逆らった美を追及すると、化粧はどうしても濃くなっていってしまうのかなと。
そんな風に思っていたら、最近の映像を見てびっくり。
ピートさん、すっかりドラァグクイーンのようになっています。

2006年のTV出演により、イギリスではセレブに返り咲いたとの事。
「Big Brother」


差別的な意味では決してないのですが、
このピートの外見の変化は私にとって結構ショックでした。
だって私の好きだったピートとは別人のようなんですもの。
やはり大好きだったマイケル・ジャクソンの以来のショックです。

しかし、彼は彼であって、これまでの全部が彼の歴史なんですよね。
最近発売された自伝には衝撃の事実がいっぱいだそうです。
でも多分、何が書いてあっても私は彼の事が好きでいられると思います。
彼の歌声から溢れる生命の叫びが私にとっての彼の全てですから。


Freak Unique/Pete Burns

今年の11月にイギリスで放映されたピート・バーンズの
ドキュメント番組「Pete Burns Unspun」を某所で見たのですが、
彼が歌を録音している場面がありました。
確かな歌唱力とセクシーな声は健在ですので、
またCDが発売されたら絶対に買います。
彼が生きている限り、私は彼を応援し続けようと思っています(^-^)




ベスト盤
エヴォリューション~グレイテスト・ヒッツ




リップ・イット・アップ+1





そしてAmazonを漁っていたら、
昔買った輸入盤CDの価格が高騰していてびっくり。

    

下のは持ってません!高い_| ̄|○
スポンサーサイト

コメント

おつです!
私もピート・バーンズ大好きですよ~
コンサートは行ったことないのですがCDもビデオも持ってます☆
石垣佑磨くんといいピートといい、やっぱり男の趣味が合いますね
( ´艸`)

おおっ!!ジエソさんいらっしゃいませ!
お返事遅れてすみませんでした。
ボロボロになった心と身体を三連休で癒してましたw

DOA、いいですよね!
本当に趣味が合いますね♪♪♪
そのうちジエソさんのロリィタファッションも見せて下さいね~(^o^)

突然のコメントですいません。
youtubeでDOA見てたら、色々調べたくなってググって辿り着きました。
僕も小学生の時に母親の趣味でリップイットアップのビデオを見てから虜になりました。
ほんとにピートバーンズの声は魅力的ですね。
今の僕の音楽の趣味や、いろんなことに影響を与えた人物だと思います。
僕はリップイットアップ周辺とそのあとのヌードまでしかDOAを聞いていないのですが、your sweetness is your weakness 最高でした。
ありがとうございました。

おぼうさん、初めまして!
返信が遅くなってすみませんでした。
私も最初はリップイットアップでした。あれ、素晴らしいですよね。
your sweetness is your weakness 以降ですと、「ヒット・アンド・ラン・ラヴァー」が最高に好きです。
是非聴いてみてください(^o^)

はじめまして。
(^・^)

最近、80年代の洋楽を聞きなおすようになり色々と調べていてこちらのブログを拝見させていただきました。
私はあまり洋楽に詳しくなく(当時も)テレビでながれるPVを楽しみに見ている程度だったので正直、『Dead or Alive』と名前を聞いても曲名を聞いてもピンときませんでした(笑)
ところが動画を見たところ徐々に記憶がよみがえってきて…
ヾ(´▽`;)
記事を参考にさせていただきCDとDVDを購入しました♪
すごく楽しいです。ありがとうございました!
o(*^▽^*)o

ありすさん、初めまして!
DOAは80年代洋楽を語るには欠かせない存在ですよね。
名前は知らなくても「you spin me round」は知ってる人多いみたいです。
CDとDVDは届きましたか?何を買ったか気になります~!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/464-9af3bb71

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。