スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『浅草ふくまる旅館』第一話/人情は年中無休!

2007-01-09 (Tue) 23:50[ 編集 ]
始まりました、人情ドラマ「浅草ふくまる旅館」。
個人的好みにより、石垣佑磨君演じる「福丸良夫」を中心に実況します。
よって、各エピソードの比重が著しく偏ってますのでご注意下さい(笑)
************************************

人情味あふれる町、浅草。
旅館の主人・福丸大吉(西田敏行)は置き引きに会って困っているという
年配の女性・遠藤文江(岡田茉莉子)を旅館に泊める。
ふくまる旅館のモットーは「お客様は家族と思え」。
文江の言葉を怪しむ義姉・はな(木野花)達をよそに、大吉は快く文江を迎え入れる。

家族揃っての朝食。
大吉「いいお茶だ。お茶と人情は濃いほうがいい。旅は道連れ、世は情け、武士は・・・」
長女・美穂(大塚ちひろ)「おじいちゃんの口癖だったのよね」
長男・良夫(石垣佑磨)「耳にタコ。父さん、今時そういうの流行らないよ」
大吉「流行ってるから偉いってもんじゃねぇよ。だいたい、いい物に古いも新しいもねぇの」

そこに仲居頭の枝里が来て、文江が旅館の仕事を手伝っている、と困って言う。
「勝手に仕事場に入られて物でもなくなったりしたら」
はな「一文無しって言ってたものね」
良夫「出来心ってこともあるしね」
はな達に品性がいやしいと思わないのかと窘める大吉。
良夫「そういうこと言ってっからいつまでたっても赤字経営から抜け出せないんだよ!」
大吉「何ぃ?!」
良夫「人情だとか、お客さんは家族同然だとか。
いつまでも旅館のオヤジ気分だけじゃだめなんじゃない?
経営者なんだから、ビジネスライクにやらないとね。ご馳走さん!」
朝食を終えると、良夫はスーツ姿で出勤した。

その日、文江は一度は旅館を出たものの、
旅館を探していた客を案内しながら再びふくまる旅館に舞い戻ってきてしまう。

夜、居間で家族の団欒。
文江が客を連れてきたと聞いて喜ぶ大吉。
そこに良夫が仕事から帰ってきた。
良夫「ただ今ー」
はな「ご飯は?」
良夫「食べてきたよ」
文江が浅草に詳しいのは昔SKDのダンサーだったからだと
言う大吉に、はなは眉唾だと言う。
美穂「ホテルのコンシェルジュみたいなおばあちゃんね」
大吉「・・・こんしぇるず?」
良夫「知らないの?」
美穂「お客様の要望に何でも応える、
かゆいところに手が届くようなサービスをする人」
大吉「それを今良夫に言おうとしたんだから先に言うな」
美穂「ずっといてもらえばいいじゃない」
大吉「それじゃ、落語の『居残り左平次』みてぇな事になっちゃうな」
良夫「何だそれ?」
大吉「知らねぇのか」
良夫「知らないよ」
得意げに『居残り左平次』の小話を始める大吉に、
家族はやれやれといった風に耳を反らす。
はなが、そして良夫と美穂の順に部屋を出ようとする。
大吉「おいおい、最後まで聞けよ」
良夫「明日の仕事の準備。宮仕えはいろいろ厳しいんだよ」
美穂「ゼミのテストの準備をしなきゃ」

翌日、文江はようやくふくまる旅館を後にした。
心ばかりの帰り賃を封筒に入れて手渡す大吉。
しかしその翌日、ビジネスホテルの社長・百瀬(小野武彦)が
ふくまる旅館にやって来て、文江にホテル代を踏み倒されたと文句を言った。
文江がホテルに預けたのは、ふくまる旅館の封筒に入った金。
しかし封筒には金ではなく新聞紙が入っていたのだ。
文江を無銭宿泊の詐欺師だと罵る百瀬。
しかし、ふくまる旅館の住人は揃って文江をかばった。

大吉は交番に文江を迎えに行く。
文江は同居していた息子夫婦と孫娘と折り合いが悪く、
弟夫婦の所に行くといって家出をしたのだった。孫娘が言った
「おばあちゃんと一緒の部屋じゃいや。自分の部屋が欲しい」という言葉が
耳を離れず、無き咽ぶ文江。

大吉は八王子にある文江の息子夫婦の家を訪れる。
文江の義娘に「迎えにきてあげてください」と言う大吉。
その言葉を玄関の中から孫娘が心配そうに聞いていた。

夜。大吉家族の食卓。
文江の息子夫婦がやって来たと聞き、大吉は部屋を飛び出した。
はな「親子の問題に口を出すんじゃないよ!」
ガラス戸からあっかんべーをして見せる大吉。
良夫はあきれて立ち上がる。「分かってないよ!」
慌てて大吉を追う家族。

親子の会話を大吉達が廊下で見守る。
無銭宿泊なんて、と文江を責める息子夫婦達。
迷惑だから帰ろう、と言っても文江は首を立てに振らない。
そこに、戸を開けて大吉が口を挟む。
「一緒に住めなくなったのは何故なんでしょう」
心配そうに見守る良夫達。
おせっかいは承知なんですけど、と言い出す大吉。
大吉は婿養子で、先代が『お客様のことは家族だと思え』と言ったという。
しかしいくら旅館の人間が家族と思って
一生懸命尽くしても本当の家族にはなれない、とも。
もうちょっとお母さんの気持ちを汲んであげてくれませんか、
お願いします、と膝をついて言う大吉。
息子夫婦も反省したような表情をしたその時、
部屋に文江の孫娘・美咲が入って来た。文江にすがりつく美咲。
もうわがままは言わない、おばあちゃんと一緒にいたいと泣く。
美咲は制服の胸ポケットから学生証を取り出し、
中から文江の若い頃の舞台写真を見せる。
大切にしていた、大好きなおばあちゃんの写真。
帰ってきて、と泣く美咲を文江も涙ながらに抱きしめた。

大吉は思わず傍により、美咲に「ありがとう」と言う。
美咲の持っていた文江の若い頃の美しい写真を見て、「すっげぇ」と喜ぶ大吉。
廊下で見守っていた旅館の住人達が写真見たさになだれ込む。
仲居達に押されて痛そうに腰を抑える良夫。
枝里「うっそー!」
良夫「マドンナみたい。俺の好み!」
騒ぐ住人達をよそに、文江は美咲を愛しそうに抱きしめていた。

文江一家がふくまる旅館を後にする。
礼を言う文江に、従業員達は総出で正座をして挨拶をした。
家族のようで楽しかった、と言う文江達を
大吉は嬉しそうに笑顔で送り出した。


○今日の「ふくまる浅草Map」

『雷門』





浅草のシンボル・雷門。
左右には風神さま、雷神さまが祭られています。
最初の建立はなんと西暦942年。

※何度も消失に会い、現在のものは昭和35年に建てられたものだそうです。

************************************

「浅草ふくまる旅館」は雷門をくぐり、仲見世を抜けて
浅草寺の門の手前を左に折れて伝法院通りを歩いた先にあります。
実際の建物はそこにはなく、建物は文京区の「鳳明館 森川別館」で撮っているそうですので、
そのうち見に行ってみようと思っています(^-^)。(参考:ロケ地ガイドさま


※行ってきました!

※佑磨君の役は、人情に厚い旅館の主の息子役。
さらっと流す演技の上手さに驚きました。
そしてスーツのせいか、イケメン度が異常にアップしています。
(もちろん、元々カッコいいですよ!!)
西田敏行さん達ベテランの素晴らしい演技もさることながら、その中で光るユーマ君。
お茶の間の人気者になる予感です(^-^)

関連記事:
隅田川の屋形船
ふくまる旅館に行きました
浅草に行きました(1) 浅草寺・伝法院通り・ふくまる旅館(があると設定の)周辺他
浅草に行きました(2) 雷門柳小路・浅草もんじゃひょうたん他
浅草に行きました(3) 弁天堂時の鐘・浅草神社・浅草公会堂・浅草もんじゃひょうたん他
浅草に行きました(4) 弁天堂時の鐘・浅草神社・浅草寺天井画・鎮護堂他
浅草に行きました(5) 浅草公会堂・ロケ地喫茶店・隅田川・隅田公園他
浅草ふくまる旅館/第一話「人情は年中無休!」map:雷門
浅草ふくまる旅館/第二話「お受験に大吉あり」map:雷門柳小路商店街
浅草ふくまる旅館/第三話「外国から来た初恋」map:浅草寺の天井画
浅草ふくまる旅館/第四話「ガンコ熊の恩返し」map:浅草神社
浅草ふくまる旅館/第五話「引き抜きに来た客」map:浅草大勝館
浅草ふくまる旅館/第六話「昔の恋人あらわる」map:弁天堂時の鐘
浅草ふくまる旅館/第七話「夫婦漫才の復活!?」map:浅草演芸ホール
浅草ふくまる旅館/第八話「流し雛と義理の母」map:隅田川
浅草ふくまる旅館/第九話「現れた白馬の王子」map:鎮護堂おたぬき様
浅草ふくまる旅館/第十話「職人魂と勘当息子」map:浅草寺本尊示現会
浅草ふくまる旅館/第十一話(最終回)「大吉のプロポーズ」
石垣佑磨と浅草デート(by 王様のブランチ)

公式ページ:浅草ふくまる旅館

サントラ:

Amazon:浅草ふくまる旅館 オリジナル・サウンドトラック

主題歌:夏川りみ/フルサト

Amazon:フルサト
スポンサーサイト

コメント

見ましたよ~!!
1話ずつ完結編なんですね~。
本当に、人情って言葉がぴったりあうほのぼのとした
ドラマで、好感が持てました。
役者さんたちも大変に達者な方々の勢ぞろいで!!
若手も上手でよかったです。
お目当てのユウマ君も 光ってましたよね~☆
来週からも楽しみなドラマです♪

良かったですよね(^o^)
みなさん、本当に演技が達者で。
あまりに楽しくて夢にまで出てきてしまいました(笑)
佑磨くん、本当に将来が楽しみです。
もちろん今も楽しみですが(^-^)

今年から始まったドラマで見ようと思っているのは、この『ふくまる旅館』『新京都迷宮シリーズ』『華麗なる一族』と来週の金曜日から始まる『悪いやつら』の4本です。なかなか見たいな~と、思うものがあるようで、ないですね~。ってこれだけあれば十分かな(笑)

「華麗なる一族」は豪華キャストで楽しみですね。
今日から始まる「只野仁」シリーズ、櫻井淳子さんが出ているので見てみようかな?(忘れなかったら・・・)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/477-1a62d459

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。