スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『浅草ふくまる旅館』、そして根津神社へ。

2007-01-26 (Fri) 23:46[ 編集 ]
今日は用事ついでに東大前駅で降りてみました。
お目当ては、『浅草ふくまる旅館』のロケ地、そして昼ドラ『紅の紋章』のロケ地です。
まずは、ふくまる旅館こと「鳳明館森川別館」へ。



駅を出て本郷通りを東大キャンパス沿いに歩いて右に曲がり、
細い路地を入っていくとその旅館がひっそりと佇んでいます。
昔ながらの懐かしい雰囲気です(^-^)
ネットで調べて分かったのですが、やはり石垣佑磨くん出演の
ドラマ「H2」でも使われたとのこと。ああ、そう言えば!!!



ちょっと歩くと東大正門。私には無縁です。かすりもしないです(笑)



東大赤煉瓦。風情があります。
通りの向かいには古い喫茶店や書店が多く、昭和の懐かしい香り。



次のお目当ては、ネットの口コミやグルメ番組で有名な「根津のたいやき」。
たい焼き好きのYUKIへのお土産です。
15人くらいの行列が出来てました。買うのに10分くらいかかったかな?
店員さんが「もう少し時間が経つともっともっと並ぶよ」と。
お店の前には羽田元首相やモンデールアメリカ合衆国元副大統領を初めとする
著名人や芸能人の写真とサインがいっぱい飾ってありました。



ちなみにこれがそのたい焼き。一匹140円也。
帰りにYUKIと待ち合わせしてマックで撮影(笑)
家に帰って食べたのですが、皮が薄いのにしっかりしていて
とても美味しかったです♪行列も納得。



根津神社にやってきました。
創祀はなんと、1900年前で日本武尊によると。
ちょ、ちょい待ち!日本武尊って実在したの?!(@_@;)
御祭神は、須佐之男命・大山咋命・誉田別命・大国主命・菅原道真公。
なんかすごく歴史を感じますね。
ちなみに現在の社殿を奉建したのは徳川綱吉だそうです。



楼門(国指定重要文化財)
正面右側の随身は水戸光圀公がモデルだとか。



唐門(国指定重要文化財)



拝殿前に一対ある青銅灯篭(国指定重要文化財)



拝殿(国指定重要文化財)。
江戸の神社建築としては最大規模だそうです。



社殿周囲を囲む透塀(国指定重要文化財)。
名称の由来は格子部より向こう側が見えることによるそうです。
昼ドラ『紅の紋章』でも印象的な美しい塀でした。
この門(西門)の前で、浮浪者になった道也が佇んでいて
玲子や綾子が立ち直るよう説得しに来たのですよね。



その西門を望む、乙女稲荷神社への階段から撮りました。
道也が帝国第七病院に向かうときに、この鳥居をくぐって
階段を上って行ったのですが、その先には神社しかなく・・・
きっとお参りしてから行ったんですよね?と野暮なことを考えました(笑)



乙女稲荷神社。
奉納された小さな鳥居がいっぱい並んでいて、非常に美しい神社です。



文豪憩いの石。夏目漱石、森鴎外らが腰掛けて想を練ったそうです。

4~5月はつつじ祭りがあってとても混むそうですが、
今日は余り人がいなくてとてものんびり過ごせました。
次はYUKIと一緒に行きたいです(^-^)
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

根津神社の件。
あ~そうだったのか~と 思いました。
ここも どこかでよくみた場所・・・って思っていたので。
紅の紋章で使われていたロケ地・・・
どこかで見た景色なんだけど・・・って思っていた箇所が多かったのですがどこかわからなくてもんもんとしていた時があって。
昔、よく行った場所って、なかなかピンとはこないものなのかしら?それとも加齢によるあれなのかなあ?
ちょっと。とほほ!!
複雑な思いをしてます。
でもとっても懐かしい思いが交錯してま~す。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/490-381c5e6e

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。