スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井関さんちの黒豆茶

2007-02-23 (Fri) 11:07[ 編集 ]



感想・体験談検索エンジンさんの主催する
気になるアレを調査しませんか?~丹波の黒豆編~」に応募してみました。
(同じ企画で、以前中国茶のセットを試させていただきました)
結果、参加賞(笑)ということで「丹波篠山いのうえ黒豆農園」さまから
井関さんちの黒豆茶(テトラ型ティーバッグ)」を戴きました♪
早速封を開けると、黒豆の素朴で自然な香りがふわっ~と。
中にはテトラ型ティーバッグが12個。
テトラ型というのは三角錐の事なのですが、何故この形かと言うと、
バッグの中でも湯が対流して豆を充分に蒸らせて
その美味しさを存分に引き出せるからなんです。
では、「井関さんちの黒豆茶」の美味しい飲み方を紹介します。

(1)テトラ型ティーバッグの形を整える。
(2)湯呑み茶碗に湯を入れ、温まったら湯を捨てる。
(3)茶碗にティーバッグを一個入れ、湯を注ぐ。
(4)蓋をして1~5分蒸らして出来上がり。

蒸らされてより芳醇になった香りが部屋中に広がって、
これで香料を使用していないのかと驚かされます。
人類が息づいてからずっと重要な食材として親しまれてきた豆の素朴な香りですから、
きっと老若男女、全ての方が癒される香りなんじゃないかなと思います。

そして、口に含むとなんとも言えない香ばしい香りとまろやかな味が
口いっぱいに広がって、幸せ~な気分に。
粗引きの黒豆の味が本当に芳醇で、思わず「美味しい」と口に出てしまいます(^-^)

気になる原料は、丹波篠山いのうえ黒豆農園の黒豆100%。
丹波の山々の栄養分が流れ込む肥沃な大地ですくすく育つ黒豆は、
他の産地のものとは見た目も栄養もその差は歴然だとか。
丹波篠山の気候は寒暖の差が激しく、黒豆栽培にも適した土地なのだそう。
その製法は農園の初代当主の井上克己さんの奥様・井関まさ江さんが
嫁入り時に持っていったそうで、そのまさ江さんに感謝をこめて
「井関さんちの黒豆茶」と名づけたのだそうです。

黒豆茶に対するこだわりや思い入れがそのまま伝ってくるような、
美味しい美味しい味と香ばしい香りの「井関さんちの黒豆茶」。
また飲みたいなと思いました(^-^)


井関さんちの黒豆茶(テトラ型ティーバッグ)
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

新着から来ました。日記を読まさせていただきました。楽しかったので又来ます。私のブログは「中国茶ドットコム」中国茶について書いてます。 良かったら遊びに来て下さい!

初めまして!ご訪問ありがとうございます。
中国茶はとても興味がありますので、ブログにうかがわせていただきますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/517-447d6b9c

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。