スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池田理代子さんを読み倒す。(2)『この空の下に』

2005-10-28 (Fri) 16:15[ 編集 ]
何かの本で読んだ記憶があるのですが、この作品は理代子先生がデビュー前に書いたもので、掲載したら「主人公が可哀相すぎる」との感想がやたら多かったとか。デビュー前という事は1967~8年(昭和42~3年)頃の作品でしょうか。43頁の短篇です。

**あらすじ**
お嬢様育ちの高校生・令子は恋人の達治と婚約し薔薇色の日々を送っていた。が、達治は事故で画家志望の亜紀子の目に怪我をさせてしまい、見舞いに行くうちに彼女の心の美しさに打たれてしまう。失明を宣告された亜紀子の面倒を一生みる為に令子との婚約を破棄して亜紀子と結婚をする決意をする達治。令子と達治は身を引き裂かれる思いで別々の道を歩むことを選ぶ。

これは切ないです。誰が悪いわけでもなく、ただただ運命の中で自らの取るべき道を模索する登場人物たち。理代子先生の作品の多くには「悪人」が存在しません。心が歪んでいる人も道を誤る人も、原因があり過程があり、必ず「本当はみんな良い人」という人間性善説に回帰しています。しかし、いかに良心だけで生きていても必ずしも思うような幸せをつかめるわけではない。そんな現実が描かれていて、「勧善懲悪」に慣れていた昭和時代の年少の読者はさぞや戸惑ったことと思います。
個人的に一つ気になるのは、今作品や「章子のエチュード」「おにいさまへ・・・」など理代子作品には高校生で婚約や結婚をする話が結構あるのですが、当時は高校生で結婚する率って今より高かったのでしょうか・・・当時の高校生の恋愛事情や結婚観など、機会があったら知りたいなと思います。

この空の下に

myスクラップより。今作品が収録されていた単行本です(画像左から2・3番目は絶版)
私が所有しているのは一番左の「池田理代子全短篇集Ⅰ愛蔵版/ウェディング・ドレス」。これも入手困難です。

※収録本「ウェディング・ドレス/池田理代子全短篇」はAmazonで古本が入手できることがあります(^-^)
検索結果→ウェディング・ドレス(池田理代子全短篇)

スポンサーサイト

コメント

はじめまして

 初めまして、イッチーと申します。私も池田理代子先生の作品は大好きで、だいたい読んでおります。他に同士はいないか探していたときに、こちらのサイトにたどりつきました。
 ところで、私も池田先生の作品の中に、高校生の時に婚約するという話が多いと漠然と思っていました。ただ、違和感を感じなかったのは、昔、読んだ1972年刊行の山口瞳の『けっぱり先生』という小説の中に、女子高の校長先生が卒業式で「卒業生のなかには既に婚約しておられる方も何人かいらっしゃいますが」と話す場面があり、この時代は高校在学中に婚約→結婚という人が一定の割合でいたのだと勝手に解釈しておりました。そのころの他の漫画にも高校在学中に婚約という話がでてきます。当時は女性が大学に進学する割合も低かったでしょうし、子供が働いて家計を助けなければいけないほど貧しくもない家の女の子は案外、高校在学中に婚約、その後結婚の道をとる人が多かったのではないでしょうか。
 ちなみに、池田先生は中学生の時に教師に「君が大学を卒業するまで待つから結婚してくれ」とプロポーズされ、怖くなって泣きながら家に帰ったことがあったそうなので、若いころは妙に結婚を意識してしまったいたのかもしれませんが。

こんにちは!

イッチーさん、ご訪問ありがとうございます。
同志がいらっしゃって嬉しいです(^o^)
婚約の話、大変参考になりました。大感謝です!
なるほど、そんなに婚約率高かったのですね。
今は恋愛=結婚なんていうと男性に逃げられちゃう時代ですが
昔の漫画は愛の告白=プロポーズなのはそういうご時勢だったのですね。
(なんで付き合いもしないで結婚決めちゃうんだろうとよく思ってました)

また読みにいらしていただけると嬉しいです。
ありがとうございました(^-^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/56-8bacfc50

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。