スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受胎告知。

2007-05-12 (Sat) 23:16[ 編集 ]
上野で開催中の特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像」を観に行きました。
お目当ては名画『受胎告知』です。



上野公園は新緑が美しく、とても清々しい空気でした(^-^)



場所は東京国立博物館。
初めて行ったのですが、すごいですね!!
教科書に載っていた国宝や重要文化財が沢山。
土偶とか銅鐸とか埴輪とか。ここにあったんですね(笑)



隣の表慶館も美しいです。
明治時代に迎賓館と同じ宮廷建築家が設計した重要文化財だそうです。



博物館の中も荘厳。素晴らしいです。



レオナルドの絵画は、描かれているもの全てに息吹を感じます。
人物にはその人の生きてきた歴史、感情の在り処。 思想、未来、運命。

そして人物だけでなく、天使の羽根(鳥の羽根)、花、木々、空、雲。
港の風景、服を構成する様々な種類の布、台、壁などなど
それらがどのような状態でそこに存在するか。
描く画家はそれらを全て知識として知り、愛し、
尚且つ画力、完成まで描ききる精神力も必要とするから
この絵を描いたレオナルドは驚くほどマルチな分野で卓越した能力を持っていたと、
観た人誰もが驚愕するはず。
今までにみたどんな絵画よりも素晴らしかったです。
一枚の絵でこれだけ多くの事を表現し観る人に伝えられる、
そんな驚くほどの天才がいるのだと恥ずかしながら今日気付かされました(^-^;)
同じレオナルドの『最後の晩餐』もいつか観てみたいです。



レオナルドが設定した人力飛行機の原寸大模型。
重くて飛べないそうですけど、ロマンが感じられますよね。

その後、博物館の中を観て回りました。
あまりに沢山の展示物があって見ごたえアリ。
でも疲れていたので流し見で(^-^;)
行くなら早い時間に行ってゆっくり回るのがおすすめです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/569-e0c0a9a4

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。