スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座シチュウ ホワイト。

2007-09-11 (Tue) 11:01[ 編集 ]
モラタメさんからとても美味しそうな食べ物を戴きました。
お品は、明治製菓さんのレトルト商品『銀座シチュウ ホワイト』
パッケージーは白が基調、そして高級レトルト商品独特の厚みのある箱。
なのでとても美味しそうに見えるのですが、今までの経験で言うと
レトルトは所詮レトルト、満足いく味は滅多にない。実はそんな風に思っていました。

しかし!最初に言ってしまいますが、美味しかったです!
今まで食べたレトルト商品の中では一番美味しいくらいかも。


まず、このお品・・・「銀座カリー」などもある銀座シリーズのコンセプトは
昭和初期の洋食文化の再現なのだそうです。
人気メニューもいろいろアレンジされて元から遠く離れてしまうこともあるので
こういった古き良き味、を楽しめそうでとても心引かれるコンセプトですよね。
(ちなみに、箱の裏に「銀座シチュウ物語」という短いお話が書かれています。
文体が純文学を読んでいる様で楽しく、他の銀座シリーズの箱もチェックしたくなりました)

そして手間いらず、のレトルト。お鍋にお湯を沸かして5分温めるか
深めのお皿に移してラップをかけてレンジで2分、でも大丈夫。
こんなに手軽で果たして本当に美味しいのか・・・美味しいんです!


(画像をクリックで拡大できます)

なんと、色が真っ白!!ホワイトシチューでもブイヨンや具の色で
多少色が変わるのが普通ですが、本当に雪国の人の肌のように真っ白なんです。
食べてみて、一口で叫びました。「美味しい!!」
生クリームがたっぷりのまろやかさ、素直さ、上品さ。
それなのにとてもコクのあるホワイトソースで、パンによく合います。
そして入っているチキンの柔らかくて味わいのある美味しさ。
普通、レトルトに入っている肉って味気なくて美味しくないのですが
全然違うんですよ。どこのブランドの鶏?と聞きたくなるような良い風味です。
そのチキンにほどよくホワイトソースが絡んで、お口の中が幸せ、幸せ。
これから秋に入って徐々に寒くなりますが、こんなに贅沢で
まろやかなシチューがお家で食べられたら、寒い冬でも幸せな気分で過ごせそうです。

あまりに真っ白なのでこのまま食べたい気もしますが、
気分を変えてお野菜を入れるのもいいかな、なんて思って
具材をプラスしてみました。でもせっかくの手間いらずのレトルトなので、
具材も手間をかけずに、をコンセプトで(笑)

彩り的にはブロッコリーとにんじんで。栄養価も高まりますよね。
チキンのいいおだしがでているので肉系のものは入れません。


ブロッコリーは小分けにして、耐熱性のタッパーに入れてチン。
お鍋で茹でるよりも手間がかからない上に、栄養も旨味も流れ出ず
ブロッコリーの美味しさがギュッと詰まっていい味に仕上がります。
この方法で茹でる(蒸す、かな?)と本当に甘くて美味しいので、
いつも茹でてすぐつまみ食いしてお料理に使う分が減ってしまいます(笑)
あ、ブロッコリーは輸入より国産の方が断然甘くて美味しいですよ。


にんじんは、そのままチンすると水分が抜けてシワシワになっちゃうので
濡らしたキッチンペーパーで包んでからタッパーに入れてチンします。
(この方法は苗さんに教わりました。苗さん、ありがとうです♪)
これまたつまみぐい対象なのですが、我慢、我慢。


(画像をクリックで拡大できます)

茹でたお野菜をぽんぽん、とお皿に入れるだけ。
ホワイトソースに絡めて食べると、野菜の甘みが引き立って美味しい!
本当に、こんなにリッチなホワイトソースは珍しいです。しかも、レトルト。
今までレトルトって避けていたけど、こんなに美味しいなら常備したいです。
一緒に食べたYUKIも、一口ごとに「美味しい」「美味しい」って
味わいながらゆっくりと優雅に食べていました。
スプーンですくえずにちょっと残ったソースをパンにつけて食べるのもまた美味しく、ああ、幸せ。

そして食べ終わって二人で一言・・・「もっと食べたい」。
常備するには一人二箱、になりそうです(^-^)
モラタメさん&明治製菓さん、いいものをありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/602-b2c58289

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。