スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル料理『マヌエル・カーザ・デ・ファド』/四谷店

2008-05-23 (Fri) 22:35[ 編集 ]


元パリジェンヌのT様にランチで連れていっていただきました、
マヌエル・カーザ・デ・ファド(Manuel Casa de Fado)」。
場所は四ッ谷駅のすぐ近くです。
ポルトガル料理ってどんなのだろう?と調べてみたら
素材の持ち味をいかした素朴な味なのだそう。
そしてオリーブオイルがよく使われるとか。
はい、そんな感じでした(^-^)



ブロッコリーのなめらかスープ。
ブロッコリーの美味しさそのまま、そして熱々。美味しい(^o^)
自家製のパンも美味しかったです。
ソーダブレッドのような感じで重みがあって、噛むと自然な甘みが。



メインは「豚ロースのニンニクレモン焼き ほうれん草入りマッシュポテト添え」。

ニンニクレモンのシンプルな味付けが、厚い豚ロースの旨味を引き立てています。
マッシュポテトは最近私が好きなオリーブオイル風味♪

T様の食べた「エイのフライ」もとても気になりました。
エイってどんな味なんだろう(^-^;)
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/655-85a66c08

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。