スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池田理代子さんを読み倒す。(7)『ごめんなさい・・・』

2005-11-09 (Wed) 23:57[ 編集 ]
シェアブログnatsukashiに投稿

この短篇は理代子先生ファンにとってはある意味伝説的なのではないでしょうか。主役や準主役は美男美女ばかりの理代子作品において、この作品の副主人公「山田やすえ」という少女は極めて異色の存在です。今の小中学生はどうか分からないけれど、昔の人は自分の小学生時代と照らし合わせてしまうのではないでしょうか。週刊マーガレット1971年(昭和46年)5月23日21号に掲載された60頁の秀作です。

**あらすじ**
小学校6年生の萩原涼子は優等生でクラスの人気者。一方、同じクラスの山田やすえは貧しい家で暮らす少女で、その不潔さや陰気さで皆に嫌われていた。一人ぽっちの彼女に涼子は優しく接するが、やすえはなかなか心を開かない。ある日、涼子が秘かに魅かれていた同じクラスの男子・松谷がやすえの家に行ったと知って涼子は嫉妬を覚える。そして校内の展覧会でやすえの絵が特選を取ったとき最初は祝福した涼子だったが、誰もいない放課後に咄嗟にやすえの絵を破ってしまう。自分の本心に気付く涼子だが、それでもやすえが心配で仕方ない。しかしほどなくして病弱なやすえの母が、子供を道連れに無理心中を図ってしまう・・・。

理代子さん得意の、社会問題を背景に少女が成長する物語です。やすえと涼子の違いは「貧富の差」。自分の生活が普通だと思って暮らす涼子は、やすえの生活を知ることによって貧富の差がある事を知ります。やすえに優しく接し、理解しようと努める涼子ですが、自分の行為は「優等生としての義務感」であり、松谷の言うように「ただの上すべりの同情」であることに彼女自身気付いてしまいます。「臭い」「汚い」そう言っていじめる子供達からやすえを守っていたはずなのに、ふとした瞬間に「あんな虫けらみたいな人」と叫んでやすえが心をこめて描いた絵を破り捨ててしまったとき、涼子は自分の心が他の子供達と何も変わらないことに気付くのです。
私にとっては個人的に身につまされる作品です。涼子と自分自身が重なってしまうのですよ。(ここから自分語りです、すみません。)私も中1のとき学級委員をしていたのですが、同じクラスに山田やすえのような子がいまして。彼女の場合は知恵遅れもあってクラスではかなり煙たがれる存在だったのですが、私も涼子と同じように「優等生の義務感」からどうしても見捨てられなくて、何かのときは私が一緒にいてあげたのですね。でも彼女は妄想もひどく、当時は私も子供でしたから妄想と気付かずに「嘘」だと思っていまして。だから、嘘は良くないと彼女を責めたことが何回かありました。彼女にとっては「妄想=真実」ですからとても辛かったと思います。大人になってからその事に気付いたとき、私がしていた事は他の同級生達がしていたいじめと何も変わらなかったのではないかと後悔しました。涼子もそうであったように、相手の立場に立って考えていたつもりが全く的違いだったことや、幼かった自分の非力さが今も悔やまれます。
どうかこの作品は涼子と同世代の子供たちに読んでもらって、本当に人を思いやるという事はどういう事か、また普通に暮らせることがいかに幸せかを知ってほしいです。今あるいじめ問題の根源は、恵まれた環境で育てられていることへの感謝の気持ちが欠如しているからではないかと思う今日この頃です。



ごめんなさい


※収録本「ウェディング・ドレス/池田理代子全短篇」は現在入手困難ですが、
Amazonで古本が入手できることがあります(^-^)
検索結果→ウェディング・ドレス(池田理代子全短篇)

スポンサーサイト

コメント

こんにちはーv

以前、「オルフェウスの窓」でTBありがとうございましたv
「ベルばら」「オルフェウスの窓(やはりオル窓というのかな?」しか池田理代子さん作品読んでないのですが沢山あるんですねー、びっくり!
最近やっと「ベルばら」を読み終えました。
池田理代子さん作品もっと読んでみたくなりました!

こんにちは(^^)

こなつさん、ご訪問ありがとうございました。
理代子さんの作品は長編はもちろん、短編も素晴らしい作品が多いので
ぜひぜひ読んでみてください(^^)
昔の漫画ですので、今の漫画を読みなれているとちょっと入り込みにくいかもしれませんが
今の時代に失われているものが沢山描かれていて愛おしいです。
また遊びにいらしてくださいね~。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/71-0b7d2ac1

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。