スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池田理代子さんを読み倒す。(8)『生きててよかった!』

2005-11-10 (Thu) 23:58[ 編集 ]
シェアブログnatsukashiに投稿

理代子さんの作品には珍しく、男の子が主人公に設定されています。しかもとっても魅力的!でも内容は壮絶な人間物語です。理代子作品にこれからも多く取り上げられる「正妻と妾」「嫡出子と非出嫡子」を巡る愛憎劇がいよいよ魅力的な人物とストーリーを伴って描かれます。ファンの方々には人気がある作品なのではないでしょうか。週刊マーガレット・1971年(昭和46年)9月5日36号掲載、100頁の作品です。

**あらすじ**
小学6年生の高見泰樹は児童会長で人望が厚く、クラスの人気者。父は仕事で長い間不在だが、たまの帰宅を3人で過ごす短い時間を泰樹は美しい母と一緒に心待ちにしていた。しかしある日、母が事故で急逝してしまうが何故か父は葬式に来ない。住所を知らされて泰樹が出向いた場所は、東京にある父の「本家」だった。本妻に「妾の子」と罵られて虐待され、食事も満足に与えられない泰樹だが、転校先の学校での楽しい毎日と本当の事を知らされていない同い年の「本家の娘」陽子の明るさが辛い家での生活を忘れさせてくれた。が、ある夜ひどく折檻された泰樹は雨の降る道を彷徨い、気を失って倒れていた所を同じクラスの少女・川部圭子に助けられ、彼女の父の経営する病院に連れて行かれる。しかし圭子の父と正妻との電話のやり取りを聞いてしまった泰樹は生まれてきた事を呪い、病院の劇薬を飲んで自殺を図ってしまう。息を吹き返した泰樹が「死んだほうが楽だ」と叫んだとき、彼を打った圭子の父の手のひらに泰樹は長いこと忘れていた人の温かさと大きさを感じて・・・。

ベースは正妻による非嫡出子への虐待です。頭もよく明るい小学生の泰樹への執拗な虐待は実に凄惨で、正妻は着物を着た鬼のように読者の目には映るでしょう。しかし、12年以上も夫に裏切られ続けていたこと・・・愛人を作り子供まで産ませていたこと、その子供が突然家にやってきて一緒に暮らさなければならない苦しみは気が狂いそうなほどだったと思われます。正妻が鬼のような形相で泣きながら虐待したとき、頭の良い泰樹は彼女も苦しんでいることに気付いてしまい、周囲を傷つけている父親の身勝手さを知ります。そしてその父も自分をかばってくれない事を知った泰樹は絶望し、死へと心を向かわせていきます。泰樹が純粋な男の子だけに、読み手は涙を禁じえません。大人の身勝手さが罪の無い子供を苦しめること、生きることの大切さ・命の尊さが、とても魅力的なキャラクター達を通して描かれた初期短篇の傑作です。この作品は発売中の「池田理代子短篇集2」で読めますので是非読んでみて下さい(^-^)



生きててよかった


※楽天は送料無料キャンペーン中です(^-^)
池田理代子短篇集(2) 携帯用:池田理代子短篇集(2)

※Amazonは1500円以上で送料無料。3冊セットで買いがオススメです(^-^)
池田理代子短篇集 (1) 池田理代子短篇集 (2) 池田理代子短篇集 (3)

※こちらの収録本は現在入手困難ですが、
古本ならAmazonで安価にて入手できることがあります。
検索結果です(^-^)→白いエグモント(池田理代子全短篇)

スポンサーサイト

コメント

遅くなりましたが

れいさーん♪こんにちは♪TBさせていただきました。遅くなってごめんなさい^^;
すごいレビューの数に、びっくり~~。私はこんなにも読んでないんです。すばらしくってびっくりしてます!
いろいろと、読ませていただきますね。れいさん、名文名解説ですばらしいです♪
ところで、うちに「章子のエチュード」下巻があるんですけど、上巻が無いんです。
れいさんはお持ちですか?またレビューアップされますでしょうか?
そうだとしたら期待してお待ちしてます♪♪

マイブログリストに登録させていただきましたm(__)m

こんばんわ~♪

shortさん、こんばんわ(^^)
TB&コメントをありがとうございます。
マイブログリストにも登録ありがとうございます!
って、実はよく仕組みが分かってなかったりして・・・^^;

章子のエチュード、もちろん持ってますよ~!
次回UPする予定でもう用意してあります。
でも記事は一日一つと決めてるので後回しになっちゃってます(笑)
またいらして下さい(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/72-cb3a4647

生きててよかった!/池田理代子

この作品は「桜京」の2巻の巻末に同時収録されている作品です。主人公は小学6年生の高見泰樹クラスの委員長と生徒会長をかけもつ少年だけどけっしてうらなりや優等生タイプでは

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。