スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石垣佑磨で「カムイ伝」を希望。

2005-11-18 (Fri) 00:00[ 編集 ]
手塚漫画「どろろ」が妻夫木&コウ主演で実写映画化! (サンケイスポーツ)

という事で。原作である漫画『どろろ』は読んだことがないのですが、手塚治虫が『どろろ』を描いたきっかけは白土三平の『カムイ伝』の人気に感化されたからと言う話をどこかで読んだ記憶があります。私の好きなのはその『カムイ伝』の方でして。
『カムイ伝」は江戸時代の身分差別を描いた壮大な劇画で、被差別部落出身の忍者カムイと百姓の正助が主人公。アニメ化された『カムイ外伝』は抜け忍カムイの逃亡生活を描いた短篇集です。
んで、『どろろ』は読んでないので妻夫木聡主演ときいてもポカーン( ゚Д゚)って感じなのですが、それより何より思ったのは「そう言えば、カムイって石垣佑磨に似てるじゃん!」。鋼の肉体に硝子の心、端正な顔立ち。忍者アクションもお手の物ってことは『あずみ』で実証済みなのでこりゃー行けるんじゃないのかなと。
『カムイ伝』はテーマ的に重くて実写かは難しいかも知れないけど、『外伝』なら娯楽作としてシリーズ物でいけそう。佑磨には久しぶりに髪を伸ばして欲しいです。映画の中の人、ぜひぜひお願いしますm(_ _)m

↓カムイと佑磨、似てるでしょ?(笑)

カムイ ゆうま
スポンサーサイト

コメント

どろろ


 こんばんわ。

 「どろろ」 子どもの頃に夢中で読んだ記憶があります。
 たぶん戦国時代が舞台で、「百鬼丸」という剣の達人の少年が相棒で、ふたりで旅をしていて。行く先々で悪い妖怪をやっつける話だったと記憶しています。
 百鬼丸は、何かの呪いで 手足も目も鼻も何もない、肉の塊のような状態で生まれて、からくり人形師みたいな人に偽物の体を作ってもらっていて、今で言う 「人造人間」みたいなんです。体の中に色々な武器が仕込まれているんですよ。・・手が刀になったり。・・・で、妖怪を退治する度に、ひとつずつ自分の肉体を取り戻すんです。
 実は、相棒の 「どろろ」が彼のその悲劇の運命に深く関わっていて、「どろろ」の正体は実は・・・なのです。が、映画も原作と同じだったら大きなネタバレになってしまいますので、書くのはやめます。
 演じる役者さんで好き嫌いは分かれると思いますが、原作がちゃんと生かされていたら、きっと面白いと思います。・・・カムイ伝も昔、すごく流行っていましたね。・・・私は 「サスケ」も好きでした。

 それでは、失礼しました。

おぉっ

きゃらばんさらいさん、こんばんわ(^^)
「どろろ」読まれてるのですね。ふむふむ、面白そうです!
ネタバレの部分ですが、どろろ役が柴咲コウって時点で「おいおいおい」って感じですよね(笑)
手塚真は「百鬼役は金城武を」と希望していたとか。
絵だけ見ると似てますよね。

「サスケ」は小さい頃にアニメを見た記憶があります。結構好きでした~(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reigh23.blog24.fc2.com/tb.php/80-e3080e4d

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。