FC2ブログ

わが子に見せたくない『タレント』『TV番組』

2005-10-31 (Mon) 15:07[ 編集 ]
週刊文春が恒例のアンケートを取ってました。その結果を見て私のような庶民は自分の価値観と照らし合わせて同意したり文句を言ったりするわけですが(笑)パーッと見て感じるのは、日本は概ね健全だなという事。一部「マジ消えろ」と思う番組や芸能人もいるわけですが、殆どは価値観の多様化の中で生まれている番組であり、好きか嫌いかは人それぞれでして。その中で単に「(自分が見たいかどうかやその番組の存在の意義は別として)子供には見せたくないなぁ」と親が思う対象が順位になって表れたのだと思います。では、上位3位までを紹介します。(参考:てれびまにあさま)

【子供に見せたくないテレビ番組】
1位:ロンドンハーツ 2位:クレヨンしんちゃん 3位:キスだけじゃイヤッ!

順当な所でしょう(笑)1位・2位は私は大好きです。でも見せたくない気持ちも分かります。そもそもしんちゃん以外は子供向けの番組ではないですよね。しんちゃんも元々大人の漫画ですし(笑)
ロンハーは「格付けで人に順位を付けている」と言うのが理由らしいですが、女性タレント達のプライドのぶつかり合う様が面白いですよね。確かに子供に見せるように作られた番組ではありませんから1位になるのも仕方ないなと。クレヨンしんちゃんは、我が甥っ子が一時期しんちゃん化してしまったことがあるので2位になるのも納得です(^^;)でも面白いですよね。雰囲気は暖かいし子供達は可愛いし。私だったら子供に見せたくないとは思わないけど、「見てもいいけど喋り方を真似しちゃだめ」と子供に言うのは酷なんだろうな。うーん、難しい。
キスいやは同意。昔月9がつまらなかった頃(和田サンの頃w)に何回か見たのですが、出てくる男女のあまりの自己中っぷりや言葉の汚さに嫌気がさして見るのをやめました。まあ、台本があるのでしょうけどね。

【子供に見せたくない芸能人】
1位:レイザーラモンHG 2位:ロンドンブーツ1号2号 3位:ダウンタウン

これも健全ですね(笑)レイザーラモンはあれでいいと思いますよ。激しい腰振りを見て「下品だから真似しちゃだめ」と子供を諭すのが親の役目かと。でも大人はちゃんと「あれは作られた架空の下品だ」と言うことが分かっているので、ハンズで衣装を買ってきて宴会で腰を振って下品を楽しむのですよね(笑)昔のドリフもそうでしたが、必要悪ならぬ「必要下品」だと思います。確かに子供には見せたくないけれど、子供は指の間から見るでしょうね(^^;)
2位はなぜ?「ロンハーを見せたくないから」しか理由が思いつきません。淳は一生TVで活躍しそう。
3位は納得。うちのYUKI坊はDT好きなのですけど、私はTVで下着泥棒の話をする人はダメ(笑)友達を小突いたり悪戯をしたりの小学生がそのまま大人になったようで、そこが好きと言う人と嫌いと言う人の違いだと思います。

んで、私が激しく同意するのがもうちょい下の方でして。
番組の方の第13位。一回だけ見たことがあるのですが愕然としました。食材をわざと汚い料理に仕上げてタレントが食べて吐く姿を笑いにする。全然笑えないし、食材が可哀相(;;)。食べたくても食べられない子供も沢山いるというのに、日本人はそこまで鈍感になってしまったかと。
そして芸能人は第6位。「(私のいう事を聞かないと)地獄に落ちる」とか「アンタ死ぬわよ」とか。こういう言葉を人に言える人間がゴールデンでひっぱりだこという状況は非常に残念です。あー、過去に何回かあの人の本を買った自分が痛い_| ̄|○

第24回世界柔道選手権大会/最終日

2005-09-12 (Mon) 22:26[ 編集 ]

 
最終日は団体戦。結果は男子・銀、女子・銅。メダル獲得は勿論ですが、楽しみなのはやっぱり個人同士の闘いですよね。個人戦では初戦で敗退してしまった上野雅恵の雄姿を見たかったし、真希ちゃんには中国のトウ・ブンに勝って欲しくて一生懸命応援しちゃいました。それと泉浩。反則技で右腕を痛めつけられた因縁の相手、韓国のファンヒーテとの闘い。泉には是非勝って欲しかったのですけどね。悔しいです。

んで、総括。メダルの数云々より、日本人選手たちの不屈の闘志・日本柔道の精神の美しさを見せてもらえたことに感謝。力が出し切れなかった選手たちも、次回の大会に向けて頑張ってほしいです。再来年の世界柔道も楽しみにしています(^^)

※ちなみに78㎏超級の塚田真希ちゃんですが、この人私好きなのですよ。アテネで金メダルを取った後に、TVで選手が一堂に集まっての生番組があったのですが(明石家さんまが司会をしていたかな)、真希ちゃんだけ出演していなくて理由が「生番組は苦手だから」との事。オリンピックの大舞台で金を取る人がなんて可愛いことを言うのだろうと(笑)いつかトウ・ブンに勝ってください(^^)

第24回世界柔道選手権大会 公式ページ


そふぃぶー(別館) ※コメント・TBはこちらにお願いします(^-^)

第24回世界柔道選手権大会/4日目

2005-09-12 (Mon) 01:08[ 編集 ]

 
 
薪谷選手、やったー!!思わずもらい泣きしてしまいました。選手生命も危ぶまれた大怪我からの復活、塚田真希ちゃんも大喜びしてましたね!高井もよく這い上がってきました!ニッポン万歳!!

【結果】
女子 無差別級/薪谷翠:金   女子 48kg級/北田佳世:-
男子 無差別級/高井洋平:銅  男子60kg級/江種辰明:-

んで今日は選挙の方にも注目していたのでちょっと集中力を失ってしまいました。試合は見ていても他の事を考えてしまったりして・・・選手のみなさまゴメンナサイm(_ _)m
明日の団体戦、楽しみにしています♪

第24回世界柔道選手権大会 公式ページ


そふぃぶー(別館) ※コメント・TBはこちらにお願いします(^-^)

第24回世界柔道選手権大会/3日目

2005-09-11 (Sun) 01:16[ 編集 ]

 
今日はちょっと残念な結果に終わってしまいました。アテネの金メダリスト内柴と、銀メダリスト横澤は共に銀。連覇と悲願の金をかけての試合だっただけに勝たせてあげたかったです。


【結果】
女子 57kg級/宮本樹理:- 女子 52kg級/横澤由貴:銀
男子 73kg級/高松正裕:- 男子66kg級/内柴正人:銀

内柴はアテネのオール一本勝ちが印象的だったので負ける気がしなかったのですが、決勝の相手の仕掛けが早い!完全に相手のペースでした。でもその前まではとても良かったです。内柴は目が可愛いのですが、押さえ込みに入っている間に時計を凝視する目がとてもシャープでカッコ良かった(^^)
横澤は残念でした_| ̄|○ アテネでの準々決勝、対サボン戦で残り一秒で一本を決めた印象が強いので、見ているこっちも時間終了まで応援し続けられました。(しかしアテネの時はサボンが素晴らしい選手だったからこそ勝てたのだとも思います。他の外国人選手だったらあの場面は逃げるはずですから。サボンは日本人と同じ美しい柔道精神の持ち主です)また柔道をやめようなんて思わずに、頑張ってほしいです横澤さん!
宮本・高松は全く自分のペースで柔道をさせてもらえないまま初戦で敗退してしまいました。次に出場するときは、是非彼らのペースで魅せる柔道をと願うばかりです。

んで、今日はコメンテーターで野村忠宏選手が来ていましたね。この人は谷亮子と並んで日本のヒーロー。天才的に強い上に面白い!彼と篠原が喋っていると殆ど漫才なんですよね(笑)アテネの時もかなり笑わせていただきました。内柴が金を取ったVTRが流れたら爆笑してるんですよ、「そんな技無い無い」って。今日も内柴絡みでギャグを飛ばしていましたが、ホントに仲がいいですよね。内柴が決勝で勝てばもっと面白トークが聞けたはずなのですが^^;

第24回世界柔道選手権大会 公式ページ


そふぃぶー(別館) ※コメント・TBはこちらにお願いします(^-^)

第24回世界柔道選手権大会/2日目

2005-09-10 (Sat) 01:30[ 編集 ]

 
アテネの覇者・上野雅恵がまさかの敗退。アテネ後にいろいろ葛藤があったようですが、彼女の雄姿を知っている一般人の私からしてみれば「帰ってきてくれてありがとう」。また頑張ってほしいです。しかし、アスリートの精神力には驚かされるものがありますね。産休中の谷亮子はあらゆる意味で優れた選手なんだなと改めて思いました。

【結果】
女子 70kg級/上野雅恵:- 女子 63kg級/谷本歩実:銀
男子 90kg級/泉浩:金 男子81kg級/小野卓志:銅

泉浩は悲願の金!右腕を痛めたかと思って心配したのですが、そんな事は感じさせずに強さを見せてくれました。お父さんも大喜びでしょう(^^)
「女三四郎」こと谷本は、女子では谷亮子以来の「圧倒的な強さ」を持つ人。準決勝までオール一本勝ち、しかも試合時間が短い!!しかし決勝戦の相手は強かった_| ̄|○
んで、小野卓志って誰?って思ったのですが、昨日の初日の感想で書いた「鈴木桂治の影で泣いていた選手」だったようで^^;でも「這い上がってくる」という言葉がぴったりで、敗者復活戦から勝ち抜いてきての銅。谷本のように早く決める柔道ではなかったですが、ハラハラドキドキの面白い柔道でした。
そして上野。アテネの井上康生もそうだったのですが、試合が始まった途端に「あれ?なんかおかしい・・・」という空気が漂ってました。自分の柔道を出来ていなく、焦りばかりが見えてしまって。彼女のペースで繰り広げられる試合をまた見たいものです。

ちなみに私がなぜ柔道が好きなのかなって考えたら、柔道って「人を痛めつける格闘技」ではないのですね。相手の力を制する華麗な技の数々、不屈の精神力。そういうものに感動するからだと思います。他の格闘技は痛いのでイヤです(笑)全然関係ないけど、加藤晴彦が可愛い(*^_^*)

第24回世界柔道選手権大会 公式ページ


そふぃぶー(別館) ※コメント・TBはこちらにお願いします(^-^)

第24回世界柔道選手権大会/初日

2005-09-09 (Fri) 01:20[ 編集 ]

 
さーていよいよ開幕ですよ♪普段スポーツ観戦なんてしない私ですが、柔道だけは別。TVにかじりついて瞬きもせずに見ています(笑)
日本人の柔道って美しいですよね。どんなにポイントをリードしていても、どんなに時間が少なくても常に攻め続けて1本を取る柔道。逆に外国人の柔道は美しくないですよね^^;無駄な動きは多いし、ポイントリードすると逃げるし。そんなのは柔道にあらずじゃーーー!勝つのは必ず、無駄な動きがなく・攻め続ける人。なので日本人の柔道は安心して見られるのですよね。
初日の注目はアテネの覇者・塚田真希と鈴木桂治。そして鈴木桂治と井上康生の親友・棟田康幸。さあ、美しい柔道を見せてください!

【結果】
女子 78kg超級/塚田真希:銅 女子 78kg級 /中澤さえ:銀
男子100kg超級/棟田康幸:銀 男子100kg級 /鈴木桂治:金

えーん、真希ちゃんが負けちゃったよぉぉ(;;)相手が強すぎて真希ちゃんのペースに持っていけなかったのが残念。でも試合後のインタビューでは元気で前向きだったので、強い精神力に感動。
初登場のさえちゃんは、準々決勝であまり美しくない勝ち方をしたので「そんな柔道をしていると慈悟郎先生に日本に連れ戻されるぞ」と思ったのですが、準決勝からは素晴らしい試合を見せてくれました。決勝では負けちゃったけど彼女の良さが出ていて良かったと思います。若いので今後に期待。
棟田も残念でしたね。小さな体で圧倒的な強さを見せてくれました。決勝の相手は力が強すぎてレスリングの選手みたいで、見ていてハラハラしちゃいました。
そして大本命の鈴木桂治。めちゃくちゃ強くて見ていて感動しましたよ。これぞ柔道という美しい試合を見せてくれました。かつては井上の影に隠れていた鈴木ですが、今では鈴木の影で泣いている選手が多いと思われます(笑)

明日も泉・上野・谷本といった精鋭が出揃いますね。週末なのでゆっくり見られます♪
・・・って、今日ヤバいヤバい!!!明日も早いのに!!まだまだしなきゃいけない事が残ってるよー(><)だったらブログ更新するな(自爆)

第24回世界柔道選手権大会 公式ページ


そふぃぶー(別館) ※コメント・TBはこちらにお願いします(^-^)

«  | HOME |